京急が「整列乗車位置」を4つに増やした理由

「プロ仕様」?品川駅ホーム上を4つに色分け

京急電鉄品川駅の1番ホームに並ぶ、色分けされた整列位置の枠(記者撮影)

都市部のターミナル駅では一般的に行われている「整列乗車」。駅によっては、先発列車と次発列車、急行と各駅停車など、列車によって並ぶ位置を分けていることも多い。慣れない駅でいくつもの整列位置がホーム上に描かれているのを見て、どこに並べばいいのかと迷ったことがある人もいるだろう。

京急電鉄は4月29日から、品川駅の下り1番ホームの整列位置を大幅に変更し、従来の2種類から4種類に増やした。赤・青・緑・黒の4色に色分けされた整列位置の枠がずらりと並ぶ、一見複雑なホーム上の様子から、ネット上では「プロの利用者向け」などとも言われ話題を呼んでいるこの新方式。導入にはどんな狙いがあったのだろうか。

赤・青・緑・黒の枠がずらり

京急品川駅の1番ホームから出発する列車は、大まかに言って横浜方面行きの「快特」「特急」、羽田空港方面へ向かう「エアポート快特」「快特」「エアポート急行」、そして普通列車の3種に分けられる。さらに、横浜方面行きの快特・特急は、都営地下鉄浅草線方面からの直通列車と、品川駅や隣の泉岳寺駅始発の2種がある。

これまで品川駅1番ホームの整列位置は「泉岳寺・品川駅始発の快特・特急」と「都営浅草線からの快特・特急と羽田空港行き」の2つだった。新たな整列位置では、これを「都営浅草線からの横浜方面行き快特・特急」(赤枠)、「羽田空港方面へのすべての列車」(青枠)、「泉岳寺・品川始発の横浜方面行きと、品川で増結する車両」(緑枠)、「すべての普通列車」(黒枠)の4つに分けた。

次ページ理由の1つはインバウンド
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。