シンカリオン×エヴァ「神回」誕生の秘密

「まるでエヴァ本編」制作陣が明かすこだわり

新幹線が変形した2体のシンカリオン。「E5はやぶさ」(左)と「500 TYPE EVA]©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS ©カラー

2018年8月11日土曜朝7時の「奇跡」をご覧になっただろうか。日本中のアニメファンと鉄道ファンを同時に狂喜させたコラボレーションだ。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

TBS系で毎週土曜日の朝にTVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』が放送されている。実在する新幹線がロボットに変形し、巨大な敵に立ち向かうという内容で、JR各社の垣根を越え、E5系やN700系のロボットが共闘する。普通の人なら気にもとめない鉄道の描写も手を抜かずにきちんと再現し、子供だけでなく、鉄道ファンの心をがっちりとつかんだ。

ありえないコラボが実現した

これまで実在した新幹線のラインナップの中に、2015年11月から今年5月まで山陽新幹線を疾走した「500 TYPE EVA」がある。アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する汎用人型決戦兵器「エヴァ初号機」風の配色の塗装を500系に施した。

500系にエヴァンゲリオン風の配色を施した「500 TYPE EVA」(撮影:尾形文繁)
シンカリオンに登場した「500 TYPE EVA」。東海道新幹線に乗り入れて疾走中©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS ©カラー

この500 TYPE EVAがほかの新幹線と同様にロボットに変形したら楽しいのにとひそかに思っていたファンは多いはずだ。でもシンカリオンとエヴァンゲリオンでは制作者も放送局も違う。分別ある大人ならそんなコラボが成立するわけがないとすぐに思い直すだろう。

しかし、である。放送日の1週間前、8月4日に放送されたシンカリオンの次回予告で、多くの視聴者は腰を抜かした(かもしれない)。エヴァファンならおなじみの極太明朝体による「予告」という大きな文字に引き続き、エヴァンゲリオンと同じ声優によるナレーション。そして、これまたエヴァファンにはたまらない「サービス、サービス」の決めゼリフ。言わずと知れた三石琴乃さんによるエヴァンゲリオンの次週予告がシンカリオンで再現されたのだ。

そして8月11日に放送された本編は、ファンの期待を120%上回った。「神回」と評される奇跡のアニメコラボはどうやって実現したのか。シンカリオンのプロデューサー、小学館集英社プロダクション・メディア事業局の根岸智也チーフプロデューサー、エヴァンゲリオンの版権を一括管理するグラウンドワークスの神村靖宏代表に舞台裏を聞いた。

次ページ2つのアニメがコラボしたきっかけは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。