独占取材!エヴァ新幹線はこうして生まれた

ファン待望のコラボ列車の製作現場に潜入

10月19日午後に公開された「500 EVA TYPE」新幹線。11月7日に運行を始める(撮影:尾形文繁)

今年夏に構想が発表されて以来、一部の鉄道ファンとアニメファンの間で大きな話題となっていた、あの列車がついに姿を現した。11月7日に運行を開始する「エヴァンゲリオン新幹線」である。10月19日、JR西日本の博多総合車両所内で、その勇姿が報道陣に公開された。

8両編成の車両すべてにエヴァンゲリオン初号機をイメージした塗装を施す。1号車は実物大コックピットを設置した「展示・体験ルーム」だ。

ここではコックピットに搭乗して、前方画面でゲームを楽しめる。新幹線とエヴァンゲリオンを融合したジオラマが展示され、エヴァに登場するキャラクターと記念撮影ができるフォトスポットもある。

2号車はエヴァデザインの自由席。枕カバー、床面、壁面、さらにはカーテンに至るまでデザインが変更される。

開業40周年の"隠し球"

今年は山陽新幹線が全線開業して40周年にあたる節目の年だ。3月10日に行われた記念式典は、その4日後に金沢開業を控える北陸新幹線の影に隠れ、決して目立ったとはいえなかった。

「昨年、全国的に盛り上がった東海道新幹線全線開業50周年と比較するとやや寂しい」。こんな感想をJR西日本の担当者にぶつけると、意外にも自信に満ちた答えが返ってきた。「みんながあっと驚くようなイベントをいずれやります」。その“隠し球”がエヴァ新幹線だった。

今回使われた500系新幹線V2編成は、8月まで「プラレールカー」として活躍していた列車だ。プラレールの大型ジオラマが展示されていた1号車こそ、コックピットが設置される車両でもある。プラレールカーとしての運行が終わった後、同工場内でエヴァ新幹線への改造が行われた。

次ページ製作現場の様子は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。