徹底解説!エヴァ新幹線はどこがスゴいのか

車両デザインにこんな思惑が秘められていた

アニメ作品でメカニックデザインを手掛けた山下いくと氏が、エヴァ新幹線の車両デザインを担当した(撮影:尾形文繁)

第一印象は紫色の大蛇というべきか。10月19日、JR西日本の博多総合車両所。「エヴァンゲリオン」を模した500系新幹線「500 TYPE EVA」が、ついにベールを脱いだ。

JR西日本でエヴァ新幹線のプロジェクトがスタートしたのは2014年の秋。翌年が山陽新幹線40周年ということもあり、インパクトのある企画を考えていたところ、エヴァカラーの500系新幹線に行き着いた。

早速、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を制作するスタジオ「カラー」に話を持ちかけたところ、今年はテレビシリーズ放映開始から20周年とあって、トントン拍子に進み、夢のコラボレーションが実現したという。

アニメのスタッフが車両をデザイン

エヴァシリーズのメカニックデザインを手掛けた山下いくと氏が、エヴァ新幹線のデザインを担当。原作・総監督の庵野秀明氏が監修を務めた。山下氏は500系新幹線の大ファン。「エヴァ的カラーリングにするとともに、元のデザインを生かして未来からやってきた500系みたいにできたらいいな」とコメントをしている。

外観は、先頭車だけでも薄い紫、深い紫、黄緑、赤、グレーの5色に塗り分けられている。基本的には「エヴァ初号機」に使われている色だが、グレーは500系新幹線に使われているのと同じ色だ。ちなみに、報道陣のいた位置からはよく見えなかったが、屋根に当たる車両上部は500系の色がそのまま残されているそうだ。

車両外観に装飾を施す場合、塗装ではなく、カラーフィルムによるラッピングを行うことがある。最近では、東京メトロ銀座線の新型車両がその一例だ。往年の浅草―上野間開業当時の車両をラッピングで再現した。

次ページエヴァに見えても、エヴァではない!?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。