国産ゴジラ、「庵野総監督」はアリかナシか

"アニメ界の巨匠"起用で高まる期待と不安

「国産ゴジラ」最新作の総監督を務める庵野氏(左)と樋口監督。強力タッグはゴジラをどう描くのか

エイプリルフールの冗談と受け止めた人もいたに違いない。東宝が4月1日に発表した、2016年夏公開予定の『ゴジラ』最新作のスタッフのことだ。総監督を務めるのは『新世紀エヴァンゲリオン』などで知られる庵野秀明氏。日本を代表するアニメ作家の起用に、誰もが目を疑った。

東宝のゴジラシリーズはこれまで28作品が制作されてきたが、2004年を最後に制作が中断されていた。昨年暮れに最新作の劇場公開が発表されたものの、スタッフの名前は明かされなかった。

監督には『日本沈没』の樋口氏

当初、監督として下馬評に上がっていたのは、山崎貴氏と樋口真嗣氏の2人だ。

山崎氏は『ALLWAYS』3部作や『STAND BY ME ドラえもん』(2014年)など、CGを多用した映画でメガヒットを連発。『ALLWAYS 続・三丁目の夕日』(2007年)にはフルCGで作られたゴジラが登場し、昭和30年代の街並みを破壊するシーンはファンの間で「最高の出来映え」と喝采を浴びた。

一方の樋口氏は、1984年公開の『ゴジラ』に特殊造形助手として参加。『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年)で特技監督を務めるなど、日本の特撮を知り尽くしている人物だ。監督としても『日本沈没』(2006年)で興行収入53億円の大ヒットを飛ばした。

最新作ゴジラでは、庵野氏が脚本と総監督を務め、樋口氏は監督、特技監督として庵野氏を支える。二人は旧知の間柄で、樋口氏がエヴァンゲリオンの脚本や絵コンテを担当したり、逆に庵野氏が樋口監督作品にスタッフとして参加するなど、気心の知れた関係だ。

次ページなぜ庵野氏が選ばれたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT