東宝、「妖怪ウォッチで最高益」も通過点?

来期は『HERO』『進撃の巨人』が待っている

「妖怪ウォッチ」の興行収入も好調、2015年2月期は過去最高の営業利益となる可能性が高い(写真:日刊スポーツ/アフロ)

2期連続の最高益に向け、1月13日に発表された東宝の2015年2月期第3四半期決算は順調な内容だった。

今期は『名探偵コナン 異次元の狙撃手』や『テルマエ・ロマエⅡ』(2作とも4月公開)、8月公開の3Dの『STAND BY ME ドラえもん』などの大ヒットを受け、東宝は10月に、従来の減益予想から一転、最高益を更新する見通しを出していた。

第3四半期(2014年9~11月)は、書き入れ時の夏休みが終わり、映画興行はやや落ち着く時期。前期は『清洲会議』の大ヒットの反動もあり、この3カ月間に限れば前期実績こそ下回ったが、3Dドラえもんなどの興行の伸びが支えとなるなど、期初からの累計では計画通りに推移した。第3四半期累計(2014年3月~11月)で、営業益は前年同期比23.6%増の233億8600万円で着地した。

妖怪ウォッチは興収70億円が射程に

前期は第4四半期にあたる2013年12月公開の『永遠の0』(興行収入87億円)の大ヒットがあったことから、ハードルは高いものの、2014年12月以降の業績もおおむね好調という。

筆頭は年末年始で最大のヒットとなった『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』(12月公開)だ。前売り券が100万枚を超えるなど、公開前からヒットは予想されていたが、公開最初の土日で16億円超の興行収入を記録するなど、東宝でも前例のないヒットを記録した。

映画館への入場者(中学生以下)へのメダルのプレゼントなどの集客装置の効果もあったが、公開から4週目に入っても着実な興行収入を上げている。年明けまもなく50億円を超えた興行収入は、70億円も射程に入っているという。

好調なのは妖怪ウォッチだけではない。それ以外にも、人気コミックのナルトシリーズ『THE LAST ―NARUTO THE MOVIE―』(12月公開)がシリーズ最高のヒットとなっている。12月の公開ラッシュに押されぎみだった『寄生獣』(11月公開)も、公開から1月半経ったが、現在も興行は底堅い。

会社側は2015年2月期の営業益予想を286億円と昨年10月時点の予想を据え置いている。これは、過去最高だった前期の284億3900万円と比べて0.6%増程度とほぼ横ばいの水準だが、増益幅が拡大する可能性は高い。

次ページ来2016年2月期の業績は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。