「妖怪ウォッチ」、爆発的ヒットの極意(中)

仕掛け人が語る「子供向け企画」の正しい作り方

爆発的な人気を獲得し、第二の「ポケットモンスター」との呼び声も高い「妖怪ウォッチ」。上編では、仕掛け人であるレベルファイブの日野晃博社長に、クロスメディア展開におけるこだわりや妖怪ウォッチ誕生の経緯を聞いた。だが、なぜこれほどまで子供たちを夢中にさせるコンテンツを生み出すことができるのか。その発想法に迫った。
レベルファイブの日野社長は子供向けの企画で常に心がけていることがある。

――妖怪にウォッチという言葉を付け加えて「妖怪ウォッチ」。「ダンボール戦機」は普段目にしているダンボールとロボット。その組み合わせの妙が面白いと思います。

何かそういうことを考えるのが好きなんでしょうね。『レイトン教授と不思議な町』もそうですし、基本的にタイトルは僕が考えているんです。企画が進んで内容も決まっているのに、タイトルが最後まで決まらないということはほとんどありません。

――日頃、どんなことを考えていたら、妖怪ウォッチのような爆発的なヒットを生み出せるものなのでしょうか。

爆発的なものというのは結果なので。ただ、「過去の自分に聞く」ということは心がけています。

ほかの会社でうまくいってない事例をいくつか見ると、今の大人のセンスでものを作っているところがあるんですね。子供たちに向けたコンテンツなのに、大人の”クール”をそこに再現して発信していることが多いなと思っています。

大人と子供のクールは違う

結局、大人のクールと子供のクールには相当なズレがある。それを大人になって分かる状況にはなかなかできない。子供向けに関しては、僕は常に子供の頃にあったものの復興や翻訳ということを企画の基礎に置いています。一つ一つの判断をする上でも、「自分はこういう風にやったらカッコいい」と思って決めるのではなく、子供の頃に好きだった作品はどうやっていたかを考えるんです。

例えば、昔のロボットはどうやって合体していたのか。大人の”クール”だと3秒ぐらいでドッキングして、スパスパッと2秒くらいで人の形になったほうが、瞬間的な尖ったカッコよさがあると思うかもしれない。でも、子供の頃の記憶だと、「ゆっくりと変形して合体してただろ?」っていうのがある。カッコいい音楽が鳴りながら、ゆっくり合体するとか。だから、子供の頃の自分に判断させることを心掛けると、今の子供たちにも通用する”クール”が生み出せるのかなと思っています。

――それは過去の作品にも共通したこだわりですか?

全部それでやってきていますね。

次ページコンテンツを長続きさせる秘訣
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。