ガンダムは、なぜ今でも人々を魅了するのか

映画で描かれたガンダムの新しい基準

映画の冒頭から大活躍するシャア・アズナブル

「機動戦士ガンダム」という名前を、日本人なら誰でも一度は聞いたことがあるはずだ。

1979年の初放映から36年が経過したが、その人気はとどまることを知らない。2009年に東京・お台場に展示された全長18メートルの「実寸大ガンダム」は、アニメのガンダムを知らない高齢者すら一目見ようと押し寄せ、400万人を超える来場者数を記録した。

「ファーストガンダム」を知っている人は多くない

では、知名度が全国区となった一方で、ガンダムのストーリーを知っているという人はどれだけいるか。

ガンダムは現在も新シリーズがテレビや劇場で発表され続けている。ただ、初放映から36年も経過している。新シリーズでもモビルスーツと呼ばれる巨大ロボットが活躍する世界観は共有されているとはいえ、初回放映(ファンの間で「ファーストガンダム」と呼ばれている)との共通項は希薄になっている。

ファーストガンダムとダイレクトにつながる物語が見たい――。こんな願いをかなえたのが、新作シリーズ「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」である。

次ページ作品の生みの親は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。