ガンダムは、なぜ今でも人々を魅了するのか

映画で描かれたガンダムの新しい基準

映画の冒頭から大活躍するシャア・アズナブル

「機動戦士ガンダム」という名前を、日本人なら誰でも一度は聞いたことがあるはずだ。

1979年の初放映から36年が経過したが、その人気はとどまることを知らない。2009年に東京・お台場に展示された全長18メートルの「実寸大ガンダム」は、アニメのガンダムを知らない高齢者すら一目見ようと押し寄せ、400万人を超える来場者数を記録した。

「ファーストガンダム」を知っている人は多くない

では、知名度が全国区となった一方で、ガンダムのストーリーを知っているという人はどれだけいるか。

ガンダムは現在も新シリーズがテレビや劇場で発表され続けている。ただ、初放映から36年も経過している。新シリーズでもモビルスーツと呼ばれる巨大ロボットが活躍する世界観は共有されているとはいえ、初回放映(ファンの間で「ファーストガンダム」と呼ばれている)との共通項は希薄になっている。

ファーストガンダムとダイレクトにつながる物語が見たい――。こんな願いをかなえたのが、新作シリーズ「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」である。

次ページ作品の生みの親は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT