ガンダムは、なぜ今でも人々を魅了するのか

映画で描かれたガンダムの新しい基準

最新技術を駆使したモビルスーツのアクションシーンは大迫力だ

一方で、アクションシーンは、CGをふんだんに活用した。CGをセル画風にすることで、手書きとの違和感もない。監督を務める今西隆志氏は、フルCGによるガンダムシリーズ「MS IGLOO」でも監督を務めたほか、「宇宙戦艦ヤマト2199」など他作品でもCGディレクターを務め、CGを知り尽くしている。さらに、「超時空要塞マクロス」などのアクションで名高い板野一郎氏が演出をすることで、実写を凌駕する映像美を生み出した。

安彦氏がアニメーターとして活躍していた二十数年前は、今日のようなCG技術は存在しなかった。それだけに「安彦さんもびっくりしていましたね」(谷口氏)。

ガンダムの新たなスタンダード

本作は、劇場公開ではなく「イベント上映」と銘打っている。上映期間やスクリーン数を限定していること、そして、劇場でブルーレイやDVDなどの映像パッケージを販売するためだ。通常の劇場公開映画は、公開後4〜6カ月経過しないとパッケージは発売されないが、イベント上映なら、映画の興奮が冷めないうちに、その場でパッケージを購入できる。同様の上映スタイルで成功した「機動戦士ガンダムUC」の手法を本作でも踏襲している。

子供時代のシャアとセイラ。本作の主人公はこの2人だ

同じイベント上映という手法をとった「宇宙戦艦ヤマト2199」の最新作「星巡る方舟」が劇場用作品としてロードショー公開された。今回、4部作で予定されている「シャア・セイラ編」以外にも、原作にはファーストガンダムでは描かれない「前史」が残っている。これを題材に、劇場用作品としてより多くのファンに見てもらえる作品を作ってもらえないか。こんな質問に対して、谷口氏からは「そうなってほしいという気持ちはもちろんある。そのためにも、まず今回の作品をたくさんの人に見てもらいたい」という答えが返ってきた。

2月15日に開催されたファン向け上映会の壇上で、安彦氏は「この作品がガンダムの新たなスタンダードになってほしい」と期待を述べた。4部作を含めた前史がすべて描かれるとファーストガンダムの第1話につながるわけだが、安彦氏が“新たなスタンダード”呼ぶ圧倒的なクオリティでファーストガンダムのリメークも見てみたい。その鍵を握るのが、「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」の観客動員やパッケージ売り上げなのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT