徹底解説!エヴァ新幹線はどこがスゴいのか 車両デザインにこんな思惑が秘められていた

印刷
A
A
画像を拡大
3号車の扉に描かれた「3」のデザインロゴ(撮影:尾形文繁)

エヴァのジオラマも展示されており、目をこらしてよく見ると、エヴァの登場人物が豆粒のように立っているのが確認できる。

2号車はエヴァ仕様の自由席。予約は必要なく、誰でも座れる。特務機関「NERV」(ネルフ)のマークが通路や側壁に貼られており、窓のブラインドの一部には、劇中に登場する「碇ゲンドウ司令」や「A.T.フィールド」がデザインされたものもある。

3~8号車は「特段変更ありません」と聞いていたが、実際には3号車の通路扉に大きく「3」のデザインロゴが貼られている。もし乗車する機会があったら見逃してはいけない。

喫煙ルームに意外なキャラが!

画像を拡大
3号車の喫煙ルームには「加持リョウジ」の姿があった(撮影:尾形文繁)

なお、3号車の喫煙ルームはタバコを吸わない人も中をのぞいてみることをオススメする。「加持リョウジ」や「赤木リツコ」が一服しているシーンがお目にかかれるからだ。

今回はお披露目とならなかったが、アテンダントも2~3人乗車するという。衣装デザインはおそらく凝りに凝ったものとなるのだろう。

この「500 TYPE EVA」は11月7日に運行を開始する。「こだま」ダイヤで走るので、各駅停車となる。欲をいえば、暴走するエヴァ初号機のごとく、駅で停止せず猛スピードで通過する姿を見てみたい。

 

※ 10月19日配信記事「独占取材!エヴァ新幹線はこうして生まれた」では、エヴァ新幹線の製作現場を潜入取材。秘蔵のメイキング写真を多数掲載しています

 

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT