JR東海×JALのコラボ列車に乗ってみた

商売敵が手を組んでサプライズ合戦

懐かしの制服に身を包んだCAの登場に車内は大いに盛り上がった

往年の制服に身を包んだ日本航空(JAL)の客室乗務員(CA)がほほえみながら、新幹線の狭い通路内で盛んにカメラのシャッターボタンを押す参加者の間を一往復した。極端なミニスカートは1970~77年に使用されたJAL5代目の制服。往年のテレビドラマ「白い滑走路」で松坂慶子がこの制服を着ていたものだ。

しばらくすると、今度は同じCAが6代目制服(1977~87年)の制服で登場した。こちらは堀ちえみ主演のテレビドラマ「スチュワーデス物語」でも有名になった制服だ。

異例のコラボレーション

6代目の制服で登場したCA

実はこれ、JR東海とJALが共同開発した旅行商品「航空×鉄道・おもしろ体験2日間」での一幕。今年は東海道新幹線開業50周年の節目の年とあって、JR東海はさまざま記念イベントを開催してきた。

一方で、JALの旅行商品ブランド「ジャルパック」も今年で発売50年を迎えたことから、両社のコラボレーションが実現した。商品名に「おもしろ体験」と銘打つように、めったに見学できない体験ができることが売り物だ。

このツアーは11月29~30日の1泊2日の行程。初日はJALの羽田訓練施設や鹿児島の整備工場を見学する。2日目は新幹線の回送列車に乗って、新幹線の大井車両基地に向かう。

訓練施設や整備工場の訪問は航空ファンにとって垂涎の的。鉄道ファンにとっては、車両基地訪問はもとより、営業線ではありえない回送線を走るという体験が、たまらなくレアなのだ。

次ページレアな体験の連続
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。