「キャプテン翼」カードゲーム開発者の劇的人生

"カードゲームの神"が天職に転職できたワケ

トレーディングカードゲームのプロプレーヤーだった和田寛也さん。趣味を通じてカードゲームの開発に携わることになったその経緯とは?(撮影:梅谷秀司)
今回の「御社のオタクを紹介してください」でお話を伺ったのは、タカラトミーで「キャプテン翼」のトレーディングカードゲームの開発を担当している和田寛也(わだひろや)氏。
彼は1993年に発売された世界初のトレーディングカードゲームであり、「最もよく遊ばれている」としてギネス世界記録にも認定されている「マジック:ザ・ギャザリング」の元プロプレーヤー。“神決定戦”で優勝したことから、業界では“神”とも呼ばれる存在だ。
彼がトレーディングカードゲームを作る仕事に携わるまでには、意外ないきさつがあった。さらにトレーディングカードゲームの魅力とは何かに迫る。

トレーディングカードゲームは「駒が選べる将棋」

まず、インタビューに先立って、トレーディングカードゲームとは何かを伝えたい。筆者が体験した「マジック:ザ・ギャザリング」というカードゲームに基づいて解説しよう。感想を言うなら、かなり複雑なトランプゲームといったところだった。

知っておいてほしいポイントは3つある。1つ目は、トレーディングカードゲームとは、囲碁・将棋のように1対1で対戦して遊ぶゲームであること(2人以上で遊ぶものもある)。

2つ目は、手持ちのカード(7枚前後)を場に出して、対戦相手を攻撃するものであること。1ターン中、条件がそろえば複数枚を使って攻撃できる。3つ目は、手持ちのカードはデッキと呼ばれるカードの山から引いて補充すること。UNOであればデッキが真ん中に置いてあり、プレーヤー全員がそこからカードを引くが、トレーディングカードゲームではプレーヤーごとにデッキが置いてある。

しかもデッキの中身は、プレーヤー自身が何万種類もあるカードから、60枚程度をあらかじめ選んでおいたものなのだ。カードは攻撃力が強い、防御力が強い、特殊な効果を持つ、場に出せる条件がゆるいなど、それぞれに特徴がある。

和田氏はトレーディングカードゲームを「自分で駒が選べる将棋」と表現していた。例えるなら、デッキの中身を全部“飛車”にしておくことも可能だ。だが、そんなことをすれば勝てないようにうまくできている。デッキはゲーム開始前にシャッフルするので、仕込んだ“駒”がどの順で引けるかはわからない。“飛車”を4枚入れておいても、最後まで引けなかったということも起きる。この偶然性がゲームの醍醐味と言える。

次ページ和田さんは元プロプレーヤー
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。