ソニー好調支えるスマホゲーム「FGO」の威力

開発責任者が語る、大ヒットRPG成功の舞台裏

ソニー傘下のアニメ制作会社・アニプレックスが手掛けるRPG型スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」は、配信開始から3年で大ヒットアプリとなっている(画像:©TYPE-MOON / FGO PROJECT)
ソニーが20年ぶりの最高益をたたき出し、勢いを盛り返している。その中でひときわ異彩を放つのが、同社音楽事業傘下のアニメ制作会社・アニプレックスなどが展開するRPG型のスマートフォンゲーム「Fate/Grand Order(フェイト・グランドオーダー、以下FGO)」である。
2017年度のソニーの連結決算では、同アプリの躍進でスマホゲームが400億円近い営業利益を稼ぎ出した。累計ダウンロード数は、配信3年目で国内1400万(8月時点)を突破。北米や中国など海外でも大人気で、1人当たりの課金額の高さも世界のスマホゲームの中で随一だ(米調査会社アップ・アニー調べ)。
FGOのストーリーは、プレーヤーが人類滅亡の未来を阻止するために過去へ戻り、歴史上の人物が扮する「英霊」をサーヴァント(使い魔)として戦いながら、「聖杯探索」(グランドオーダー)の旅に出る、というもの。作家陣が描き下ろした100万字を超える物語が展開される。ビジネスモデルは、プレーヤーが好みの英霊を“ガチャ”(ゲーム内で用いるアイテムを購入する仕組み)で当てるのに必要な「聖晶石」と呼ばれる道具を手に入れる際に課金を求める形だ。
土台となったのは、ゲームブランド「TYPE-MOON」(有限会社ノーツが運営)が2004年に発売した成人向けパソコンゲーム「Fate/stay night(フェイト・ステイナイト)」。熱狂的なファンに支えられ、これまでもゲームやアニメ、小説など無数のシリーズ展開がなされてきたが、今回のヒットは異例の規模だ。その立役者の1人が、FGOの企画・開発・運営を担当するゲーム制作会社、ディライトワークスの庄司顕仁社長。大ヒットゲームはいかにして生まれたのか。庄司社長に聞いた。

FGOの魅力はシナリオにある

――配信開始から3年経った今でも、「FGO」の人気が続いています。ツイッター上でも世の中の大事件や芸能ネタなどをしのいで、FGOのキャラクターが頻繁に話題になっていますね。

ここまでの人気が出たことに対しては、当然驚いている。ただ、このゲームを作った目的はそもそも、魅力的でありながらコアなファンからの支持にとどまっていたFateというIP(知的財産)を、より多くの人の手に取ってもらえるようにすること。そういう意味では、もくろみどおりだったともいえる。

「Fate/Grand Order」の企画・開発・運営を担当するディライトワークスの庄司顕仁社長(撮影:梅谷秀司)

――Fateが支持されている要因は何なのでしょうか。

原作者の奈須きのこ氏が描くシナリオにある。私はこの仕事に携わることになって初めて、Fateシリーズのゲームやアニメなどに本格的に触れたが、シナリオの圧倒的な魅力とキャラクター設定の細かさに圧倒された。

イギリスの伝説上の人物、アーサー王をモチーフとした「アルトリア」というメインキャラクターを例に取ると、創作上の人物にもかかわらず、彼女がどのような人生を送り、どのような葛藤を抱いているのかがよくわかり、本当に生きているかのように感じる。直感的に、ミリオンヒットは狙えるくらいのコンテンツパワーを持っていると思った。だが、売れたといわれる代表作のPCゲーム「Fate/stay night」で40万本。持っている力と実績との差異に、大きな違和感を抱いていた。

次ページ当初の構想は「カードゲーム」
関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。