ソニーが「音楽著作権」に大金をつぎ込む理由

吉田新社長肝いりのビジネスモデルの全容

音楽、アニメ、ゲームなど、これからのソニーはコンテンツで稼ごうとしている(上写真:記者撮影、下写真左:ソニー、右:©TYPE-MOON / FGO PROJECT)

「業績が復活したのはいい。だが今後何を屋台骨にしていきたいのか、いまいち伝わってこない」

市場関係者や投資家などによる、最近のソニーへのもっぱらの評価だ。これに対し同社の吉田憲一郎社長は5月22日、中期3カ年計画発表の場である方向性を示した。

「利益成長よりもリカーリング(継続的に利益を得るビジネスモデル)比率を高めることで、安定的に稼げる体質の強化に重点を置きたい」。社長就任後初めてメディアの前に姿を見せた吉田氏は、今後3年の重点目標をこうまとめた。

“金庫番出身”の社長らしい堅実な戦略

「第三次中期経営計画」と名付けた新戦略は、平井一夫前社長時代に自身もCFO(最高財務責任者)などとして参画した第一・第二次中期計画の続きという位置づけだが、短期的な成果を追うのではなく、長期視点で稼ぐ力を向上させることを強調した。2017年度に達成した20年ぶりの最高益更新を受けてアクセルを踏むかと思いきや、元・金庫番らしい堅実な戦略といえる。

吉田憲一郎社長は「リカーリングビジネス」の重要性を強調した(記者撮影)

戦略の柱は3つある。第1に、かつてソニーの看板商品だったテレビやカメラは「ブランデッド・ハードウェア」と位置づけ、規模を追わずに採算を高めてキャッシュ創出の源泉とする。2つ目はソニーが強みとする画像センサーへの投資。この領域には中計全体の設備投資額1兆円のうち多くをつぎ込み、自動運転用途などのセンシング分野でも世界一を目指す。

そして今回ことさら強調されたのが、3つ目の柱であるコンテンツIP(知的財産)の強化だ。売り切り型から継続的に稼げるモデルへの転換に欠かせない。戦略転換の象徴として中計と同時に発表されたのが、英国の音楽出版社、EMIミュージック・パブリッシングの買収だ。

次ページなぜ音楽がおいしいのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。