ソニー、「アイボ」で始まる完全復活への挑戦

平井社長「開発現場に何度も足を運んだ」

11月1日午前11時にお目見えした新型アイボ。発売は2018年1月11日の予定だ(撮影:今井康一)

「おいで!アイボ」。ソニーの平井一夫社長の呼びかけに応じて登場したのは、3体の犬型ロボット。しっぽをふりながら愛くるしい動きで社長の足元へ歩み寄った一体を抱き上げた平井社長は、相好を崩した。

11月1日午前11時に東京・品川の本社で開かれた新製品発表会で、ソニーは2006年に一度撤退した犬型ロボット「AIBO(アイボ)」の新型、「aibo」を公開した。

「1体として同じアイボはない」

平井社長の呼びかけに応じて登場したアイボ(撮影:今井康一)

発売は、奇しくも戌年の2018年1月11日。ソニーのネットストア限定で展開する予定だ。本体価格は19万8000円(税抜き)。別途、クラウド解析された情報を元にアイボを成長させたり、データをバックアップしたりするために、3年で9万円(または月払い2980円)の基本プランに加入する必要がある。

平井社長は、2016年6月の経営方針説明会でAI(人工知能)、ロボティクス事業への参入を表明していたが、その第一弾は同社のロボット事業の原点、家庭用ロボットに回帰する形となった。

原点回帰といっても、機能は格段に進化している。最大の特徴は、人とのふれあいに応じて個体ごとに独自の “成長”をしていくことだ。アイボはネットを介してクラウドと常時連携し、クラウド上で解析された情報を基にそれぞれの性格を作り上げていく。「1体として同じアイボを作ることはできない」(開発に携わったAIロボティクスビジネスグループ長の川西泉執行役員)。

次ページ20人までの顔を判別
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。