ソニー、「アイボ」で始まる完全復活への挑戦 平井社長「開発現場に何度も足を運んだ」

印刷
A
A
11月1日午前11時にお目見えした新型アイボ。発売は2018年1月11日の予定だ(撮影:今井康一)

「おいで!アイボ」。ソニーの平井一夫社長の呼びかけに応じて登場したのは、3体の犬型ロボット。しっぽをふりながら愛くるしい動きで社長の足元へ歩み寄った一体を抱き上げた平井社長は、相好を崩した。

11月1日午前11時に東京・品川の本社で開かれた新製品発表会で、ソニーは2006年に一度撤退した犬型ロボット「AIBO(アイボ)」の新型、「aibo」を公開した。

「1体として同じアイボはない」

平井社長の呼びかけに応じて登場したアイボ(撮影:今井康一)

発売は、奇しくも戌年の2018年1月11日。ソニーのネットストア限定で展開する予定だ。本体価格は19万8000円(税抜き)。別途、クラウド解析された情報を元にアイボを成長させたり、データをバックアップしたりするために、3年で9万円(または月払い2980円)の基本プランに加入する必要がある。

平井社長は、2016年6月の経営方針説明会でAI(人工知能)、ロボティクス事業への参入を表明していたが、その第一弾は同社のロボット事業の原点、家庭用ロボットに回帰する形となった。

原点回帰といっても、機能は格段に進化している。最大の特徴は、人とのふれあいに応じて個体ごとに独自の “成長”をしていくことだ。アイボはネットを介してクラウドと常時連携し、クラウド上で解析された情報を基にそれぞれの性格を作り上げていく。「1体として同じアイボを作ることはできない」(開発に携わったAIロボティクスビジネスグループ長の川西泉執行役員)。

次ページ20人までの顔を判別
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT