「キャプテン翼」カードゲーム開発者の劇的人生

"カードゲームの神"が天職に転職できたワケ

トレーディングカードゲームはたくさんのタイトルが発売されており、タカラトミーでは「デュエル・マスターズ」「WIXOSS-ウィクロス-」「キャプテン翼」などを扱っている。

世界大会に招待される“プロプレーヤー”が存在する

――まず、和田さんは元プロプレーヤーということですが、そもそもプロプレーヤーが存在していることに驚きました。それは、どういったものなのでしょうか。

「トレーディングカードゲームを始めたのは就職してからです」と言う和田さん(撮影:梅谷秀司)

プロと言っても、賞金で食べていくとかそういう意味ではないです。「マジック:ザ・ギャザリング」の場合、カードを作っている会社がプロプレーヤー認定制度をやっています。地域の大会から世界選手権までトーナメントがしっかり整備されていて、ある一定以上のレベルがプロプレーヤーです。

これは私がプロプレーヤーだったときの話になりますが、プロの中にも、シルバー、ゴールド、プラチナというランクがあります。(いちばん上位の)プラチナになると、年4回のプロだけが参加できる招待制の世界大会に出られて、出るたびに30万円ほどもらえたりします。プラチナは世界で30人くらいです。私はシルバーだったので、プロシーンの入り口に立った程度です。

――和田さんは、シドニー、シカゴ、バンクーバー、ブリュッセルなど世界で開かれる大会に参加されたと聞きました。もともとトレーディングカードゲームを始めた動機は、やはり世界各地に行けることに魅力を感じたのでしょうか。

「マジック:ザ・ギャザリング」のスローガンが「Play The Game, See The World(ゲームをして世界に行こう)」なんです。プロが招待される大会は、アメリカ、ヨーロッパ、南米など世界各地で開かれます。さらに航空券やホテル代が出ます。すごくワクワクしますよね。

始めたのは就職してからです。学生時代の趣味は続けていなかったので、何かやりたいなと。だけど将棋や囲碁は22歳からでは遅い。カードゲームならそんなに本気でやる人なんていないだろうから、結構イケるんじゃないかなと思って始めました。ところが、やってみたら、本気でやっている人ばかりでした。結局、海外で開かれる大会に参加できるまでに、5年近くかかりました。

トレーディングカードゲームの魅力はいろいろありますが、自分の戦略がはまる瞬間があって、そのときはとても気持ちいいです。

次ページどうやってプロプレーヤーの活動と仕事の両立を?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。