「キャプテン翼」カードゲーム開発者の劇的人生

"カードゲームの神"が天職に転職できたワケ

トレーディングカードゲームはたくさんのタイトルが発売されており、タカラトミーでは「デュエル・マスターズ」「WIXOSS-ウィクロス-」「キャプテン翼」などを扱っている。

世界大会に招待される“プロプレーヤー”が存在する

――まず、和田さんは元プロプレーヤーということですが、そもそもプロプレーヤーが存在していることに驚きました。それは、どういったものなのでしょうか。

「トレーディングカードゲームを始めたのは就職してからです」と言う和田さん(撮影:梅谷秀司)

プロと言っても、賞金で食べていくとかそういう意味ではないです。「マジック:ザ・ギャザリング」の場合、カードを作っている会社がプロプレーヤー認定制度をやっています。地域の大会から世界選手権までトーナメントがしっかり整備されていて、ある一定以上のレベルがプロプレーヤーです。

これは私がプロプレーヤーだったときの話になりますが、プロの中にも、シルバー、ゴールド、プラチナというランクがあります。(いちばん上位の)プラチナになると、年4回のプロだけが参加できる招待制の世界大会に出られて、出るたびに30万円ほどもらえたりします。プラチナは世界で30人くらいです。私はシルバーだったので、プロシーンの入り口に立った程度です。

――和田さんは、シドニー、シカゴ、バンクーバー、ブリュッセルなど世界で開かれる大会に参加されたと聞きました。もともとトレーディングカードゲームを始めた動機は、やはり世界各地に行けることに魅力を感じたのでしょうか。

「マジック:ザ・ギャザリング」のスローガンが「Play The Game, See The World(ゲームをして世界に行こう)」なんです。プロが招待される大会は、アメリカ、ヨーロッパ、南米など世界各地で開かれます。さらに航空券やホテル代が出ます。すごくワクワクしますよね。

始めたのは就職してからです。学生時代の趣味は続けていなかったので、何かやりたいなと。だけど将棋や囲碁は22歳からでは遅い。カードゲームならそんなに本気でやる人なんていないだろうから、結構イケるんじゃないかなと思って始めました。ところが、やってみたら、本気でやっている人ばかりでした。結局、海外で開かれる大会に参加できるまでに、5年近くかかりました。

トレーディングカードゲームの魅力はいろいろありますが、自分の戦略がはまる瞬間があって、そのときはとても気持ちいいです。

次ページどうやってプロプレーヤーの活動と仕事の両立を?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT