新作ガンダムの「作画」が圧倒的に凄い理由

スタッフが明かした「安彦画」再現の全舞台裏

ジオン軍のエースパイロット、シャア・アズナブル。「赤い彗星」の異名を持つ。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』 5月5日(土)より4週間限定・全国35館にて劇場上映中(C)創通・サンライズ
『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザイン・アニメーションディレクターを務めた安彦良和氏の大ヒットコミックス『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』がアニメ化され、5月5日から第6話「誕生 赤い彗星」が全国で上映されている。
シャア・アズナブルとセイラ・マスという兄妹の流転の人生、開戦への道筋、モビルスーツ開発史といったガンダムの前日譚を、安彦氏が骨太の筆致で描き切った。アニメでは安彦氏が総監督を務める。
本作の魅力はそのストーリーもさることながら、驚異的なクオリティの作画抜きには語れない。誰もが「描くのが難しい」と指摘する安彦氏の絵が見事に再現されている。今回は、安彦氏と共同でキャラクターデザインを行ったことぶきつかさ氏、総作画監督の西村博之氏、メカニカル総作画監督の鈴木卓也氏、プロデューサーの谷口理氏、および安彦氏が一堂に介し、作画面での苦労について語ってもらった。

漫画の絵柄を忠実に再現

――『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では安彦良和さんの漫画の絵柄が忠実に再現されています。いろいろな人が手分けして描いていらっしゃるのでしょうが、総監督の安彦さんから見て、「よくここまで俺の絵を再現したな」あるいは「自分の絵とちょっと違うな」どちらでしょうか?

安彦:僕が現役だったときには、「あなたの絵は描きにくい」って散々言われたので、第1話ができたときに、「奇跡的に安彦の絵が再現されている」と言われて、うれしかったんですよ。だからスタッフのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

このあいだ第1話から第5話までのオールナイト上映を見たら、第1話よりもだんだん良くなってる。これ総作画監督の西村博之さんはどう思っているのかな。俺の口から言うのもどうかなと思うけど、みなさんキャラ慣れしてきてるよね?

西村:それはあると思いますね。あと、やっぱり安彦さんの絵も変わっているので。(一同笑)

安彦:そうなの? この年になると変わらないと思うんだけど。

西村:変わることがすごいことです。全体的にキャラクターがおとなっぽくなってきた。

ことぶき:初期の安彦さんのキャラクター設定は「アニメの設定ってどうやるんだっけ」みたいな探りがあった気がするんですけど。後半はすごく慣れて、自然に描かれているなぁという感じはしました。

次ページキャラクターデザインの役割分担は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT