新作ガンダムの「作画」が圧倒的に凄い理由

スタッフが明かした「安彦画」再現の全舞台裏

――人物に関しては、CGで動きをつくったりしているんですか?

西村博之氏、総作画監督を務める(撮影:尾形文繁)

安彦:やってないですね。ピアノの弾き語りとか、バンドの連中の動きとか全部、西村さんの手作業なの。感動的ですよ。

西村:CGでも動くことは動きますが、説得力のある映像にはならないですね。CGでピアノ弾いてると思わせるのは難しいですよ。

鈴木:最終的な微調整は手でやらないといけないので。

西村:逆に作画のほうが、ごまかしがきく。

安彦:モデルに生演奏してもらった映像をモニターで見ながら西村さん、紙で描くんだよね。大変です、ストップウォッチで計りながら。あれ、モーションキャプチャーじゃないって見る人が見ればわかるよね。

アニメーターは、つい動かしすぎてしまう

――キャラクターが身ぶり手ぶりをしながら会話しますが、こういう動きは安彦さんが「こういうふうに動け」って指定をするんですか?

安彦:原画の人にほぼ任せています。そういうのが得意な人もいるので。このシーンは誰が描く、と西村さんが振る。非常に適切に割り振られてる。

西村:でも、動かしてもいいんだって思うと、アニメーターって、つい動かしすぎちゃうんですよね。ここまでやらなくてもいいんじゃないかと思うくらい。

ことぶき:キャラクターがずっと動き続けると、動く枚数だけ細かい装飾も全部描かないといけないっていうのが、作画的には大変ですね。

――ことぶきさんがデザインした中で、いちばんお気に入りのキャラクターは?

ことぶき:リノ・フェルナンデスという、シャアの正体に気づく役どころのキャラクターです。漫画にはいない設定で、オリジナルとして描き起こさせてもらったので、思い入れがありますね。第3話はガルマとシャアの物語ですが、そこにリノという新しいキャラクターがあいだを割って入るような感じだったので。ガルマとシャアに負けない第3のキャラクターとして成り立つなるように努力しました。

安彦:リノね、これ俺が描いたんじゃないの?と思った(笑)。ことぶきさんの絵は、なんか遠い親戚のような気がする。リノの芝居もなかなかいい味出してた。アニメーターにはキャラクターに芝居をさせることをもっと面白い、楽しいと思ってほしいなと、ずっと思ってるんですが、そう思ってくれるアニメーターが少ない。6本やってね、「あっ、この人、芝居うまくなったな」っていう人もいるんです。そういうのはうれしいね。

次ページメカアクションについては
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT