新作ガンダムの「作画」が圧倒的に凄い理由

スタッフが明かした「安彦画」再現の全舞台裏

谷口理氏、プロデューサーを務める(撮影:尾形文繁)

ことぶき:アニメ全般にいえるんだと思いますけど、美形は動かしにくいですよね。美形じゃないキャラクターはある程度誇張して描いてもイキイキするので。

安彦:ギレンなんてどうですか。なんか演説も大変だし、「ワンパターンになってもな」というのがあって。いつもギレンのカットに来ると、「なんか大変だな、こいつ」と思って。

西村:眉毛がないので。目じりで全部やらなきゃいけないというのが難しい。かっこいいキャラではあるんですけど。また、ザビ家は服が大変で。動画がかわいそうだなっていう感じ。

ことぶき:線も多いし、階級によって形も変わるので、そのチェックが大変でしたね。

谷口:全部違う。襟と袖と胸と肩があるんですよ。全部階級章が違って。

安彦:いやらしいね。今はそういうところ、結構チェックがきつい。本当はいい加減なほうがいいんだけどな。たとえば金モールのタッチが3つあったら、3つではなく4つになったり2つになったりしてもいいんだよ。でも、そういうアバウトっていうのが難しい。俺が「いい加減でいいんじゃない?」と言ったら、西村さんが「いや、いい加減にいくためには1回クリアして、それからいい加減にするやり方を教えなきゃいけない」って。そういういい加減さってやっぱりできないんだろうかね?

西村:作品にもよりますけどね。『THE ORIGIN』の絵柄ではたぶんできないと思いますよ。(一同笑)

特に観てもらいたいシーンは?

――今回の第6話で、特に観てもらいたいシーンを、お一人ずつ挙げていただけますか。

安彦良和氏、漫画原作、総監督、キャラクターデザインを務める(撮影:尾形文繁)

ことぶき:個人的にカイ・シデンに思い入れがあるので、アムロとカイの会話のシーンの、カイの仕草とかはすごくいい感じに仕上がっていて、そこが一押しです。

鈴木:冒頭の開戦のシーンです。いちばん今までで苦労したし、時間もなかったので。よくあそこまでもっていけたなと思っています。ぜひそれを観てほしいです。

安彦:えっとね、最後のほうでレギュラーキャラのシーンに字幕を出すんですが、それを読んで、「あっ、これは『ガンダム』の本編の前段だったんだ」ということを感じてほしいです。

西村:レビルが話の流れを動かすキャラなので、表情は「どんなことを考えているのかな?」というのを考えて描いたつもりです。あと、やっぱり最後にホワイトベースのクルーの名前が出てくる、なんとなく高揚感があるところがいいかなと思いますね。

次ページ大きい流れの中で小さい生活もある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT