ディズニーの姫で「ソフィア」が別格な理由

「アナ雪」以上?伝統的な価値観からの自由

ディズニープリンセスの中でも『ちいさなプリンセス ソフィア』は安心して子どもに見せられる、その理由とは?(撮影:今井康一)

シンデレラや白雪姫、『美女と野獣』のベルに、『リトルマーメイド』のアリエル――。幼少期にディズニープリンセスにあこがれる女の子は少なくない。

では自分の子どもに「プリンセスを見せて」と言われたとき、あなたはいったいどう対応しているだろうか。

「王子様と結婚したらハッピーエンド」への違和感

そこには親の好みが色濃く表れる。何のこだわりもなく見せる親が多いかもしれない。子どもたちにとって「そして、王子様とお姫様は幸せに暮らしました」というストーリーは、安心できる、見慣れたものだろう。

ただし、社会から押し付けられる「男らしさ」「女らしさ」にうっとうしさを感じるタイプの親は、そう簡単には考えられない。私もそのひとりだ。

旧来のプリンセスの物語が提供する、見た目が美しいことを最大の価値とする発想や、外見と内面の美しさをイコールで結び付けてしまう発想。王子様に見初められて結婚できてハッピーエンドというちょっと無責任な結論。「現実とは違う」「それだけでは幸せにはなれないだろう」と、抵抗感を覚えることがある。

ところが、ディズニープリンセスのすべてがそうした発想で作られているわけではないと、自分の誤りに気づくのに、そう時間はかからなかった。

きっかけは映画『アナと雪の女王』だった。当時、娘は3歳で、アマゾン・プライム・ビデオで何度も何度も見た。DVDを買ったほうが安いと判断したほどだ。

次ページこれまでのプリンセス像を変えた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。