女性には「美人」と「美人予備軍」しかいない

最大公約数のモテを目指しても幸せはない

「甲冑」と「美人」をテーマに語ります
美しくなることに貪欲な女性たちがいる一方で、美しくなることに照れる女性たちがいる――。女性たちは、「美人」をめぐりどんな思いを抱えているのだろうか? 『赤い口紅があればいい』で美人に見えるテクニックを明かしたシンガーの野宮真貴氏と、『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』で素直に女を楽しめないことをぼやいたコラムニストのジェーン・スー氏が、「甲冑」と「美人」をテーマに語り合った。

赤い口紅は似合わないと思い込む女性は多い

ジェーン・スー(以下、スー): 1980年代に「今井美樹の洗礼」がありまして、当時ティーンだった私は、大人になれば自分も赤い口紅が似合うようになると思っていたら、そうならないわけですよ。梯子をずっと外されてきて、諦めていたところに野宮さんが赤い口紅をプロデュースされたんですよね。

野宮真貴(以下、野宮):去年の8月にMiMCというオーガニックコスメブランドから赤い口紅を2色出したので、「赤い口紅が似合わない」ってぼやいていたスーさんに、付け方のアドバイスを書いたお手紙を添えてプレゼントしたんです。

スー:アドバイスのとおりにいただいた口紅を付けてみたら、驚くことに、似合ったんですよ。似合ったというか、自分で自分を見てもギョッとしなかった。それまでは、赤い口紅を付けて出かけると、会う人から「どうしたの?」って言われてたのに!

野宮:そういうことは思っても言っちゃいけないと思うのよねえ……。

スー:確かに(笑)。それまでの「自分に赤い口紅は似合わない」という思い込みの甲冑を外してくれたのが野宮さん。その後、今年5月に出した『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』の第1章「赤い口紅」で、「東の横綱・今井美樹、西の横綱・野宮真貴」と書いたのがご縁で、先日出された野宮さんの著書『赤い口紅があればいい』の帯に、「赤い口紅は一生似合わないと思っていたのに、野宮さんのおかげであっさり克服」と書かせていただきました。

次ページ美人になることに対して構えず、素直になろう
関連記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。