女性には「美人」と「美人予備軍」しかいない

最大公約数のモテを目指しても幸せはない

スー:野宮さんは『赤い口紅があればいい』のなかで、「雰囲気美人になろう」「雰囲気美人なら誰でもなれる」というメッセージを投げかけています。私はそこに非常に感銘を受けました。「この世の女性はみんな“美人”と“美人予備軍”です。」という名フレーズには目の瞳孔が開き切りましたし、救われる人がたくさんいると思います。

野宮:私は根が怠け者なので、コツコツ努力することができなくて。ジムやダンスなどいろいろなことにチャレンジしたんですけど、どれひとつとして続かなかったんです。唯一続いたことは、35年やってる歌だけ。人前で歌い続けるために必要な、見られる意識を持ってきたことが、雰囲気美人を作るうえでいちばん大切だったのかなって。つねに完璧な美人でいなくても、そのときどきにチャーミングに見えればいいという考え方がベースの、省エネテクが基本なんです。

スー:つまりこれは、美人に「なる」本ではなくて、美人に「見えるようになる」本なんですよね。

野宮:それでいいと思います。

若さを補い過ぎると老けて見える

「個性を大事にする」ことがポイントだと思います

スー:『赤い口紅があればいい』には、雰囲気美人になる秘訣がいくつか書いてあるんですけど、なかでも「個性を大事にする」がやはりポイントだと思うんです。野宮さんのように、自分の好きなものを着て、それが個性に合っていて、周りからも素敵だと褒められたらwin-win-win。その核となる“個性”を見つけるにはどうしたらいいんでしょう?

しかも、野宮さんのようにヘアメイクやスタイリストさんがいない人の場合は、どうやったら自分のコンプレックスを個性にできるのか、その個性を魅力的に見せられるのか、ノウハウがわからない。

野宮:やっぱり、自分が好きなことが個性になると思うんです。たとえば、スーさんだったら、エッセイストだから、知的なイメージがあるじゃない?

スー:なるほど。自分の仕事を個性ととらえる。

野宮:アイテムで考えるなら、メガネ。個性的でおしゃれなメガネにすると、スーさんのトレードマークやチャームポイントになるんじゃないかしら。

スー:ロジックなんですね。野宮さんの本も、雰囲気美人になるためのロジカルな方法であって、「毎朝、おひさまにあいさつをして、お水を飲みましょう」みたいな雰囲気の話はしていないのが最高でした。

野宮:そういう人たちって、白湯を飲むんでしょ?

スー:白湯はありがちですねぇ(笑)。

野宮:私、白湯って世の中でいちばん嫌いな飲み物なの。つまらなくない?

次ページ若作りについてはどう考えるか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。