「スーパー男子」2人を育てた家族会議の凄み

畑仕事から風呂たきまでこなせるように

文句もまずは受け入れてアイデアを足せば、ワクワクに変わる――。寒い風呂、大量の虫が出る床、ボロの畳。“すてきな要素”はない。だがまさに「ないなら作れ」で、そういう“なにもない”状態を目の当たりにしたからこそ、子どもたちから「こうなったらいいな」という提案が次々と出てきた。

そして、佐藤家では何度か「ワクワク暮らし会議」が開かれ、その作戦会議で、描いた理想の家を実際に自分たちで作ってみよう、ということになった。

そう、佐藤家の会議は話し合うだけでは終わらない。それを具体的に「実践・体験」に落とし込んでこそ完結する。セルフリフォームも、同じだった。

理想の家を、現実的にどう作っていくか。細かく作戦会議を練る、世壱くん(当時小学3年生)と創咲くん(当時小学1年生)(写真:佐藤さん提供)

家族4人で家を1年かけてリフォーム

佐藤家の家族会議の原点は、陽平さんの大学時代の「探検部」の活動にさかのぼる。

まずはどこを探検したいか、そして危険を伴う自然に向き合うために、何を準備し、どう行動するか仲間たちとは繰り返し話し合う。さまざまな価値観や意見がぶつかり、決まったことを、実際に行動していく。うまくいかなければまた話し合い軌道修正する。そうした繰り返しが、何にも代えがたい「経験」につながった。

「台所はタイル張りにしたい」という乃予さんのために、インターネットでタイルを貼る方法を調べ、手伝う世壱くん(写真:佐藤さん提供)

「僕は子どもにはいろんなことを経験させたい、と思っていて。自分で考えたことを伝えて、それを行動に移すということがいちばん大事だと思っているんです」と陽平さんは言う。「まあ、この人の場合は思ったらすぐ行動(笑)。考えると同時に行動していて、家族は必死についていってる感はありますけどね」と笑う乃予さんも、芯のところでは同じ方針だ。

指導してくれる大工さんにあこがれ、鉛筆を耳に挟むスタイルをまねしていす作りに励む創咲くん。その名のとおり、物を作るのが大好き(写真:佐藤さん提供)

大人も子どもも、答えのない答えを考え、試してみる。とはいえリフォームの知識はないので、地元の大工さんを教師役に雇い、教えてもらいながら、家族全員での工事が約1年にわたって続いた。

次ページ会議を「堅苦しくない」ものにするには
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。