2歳児から「家族会議」し続けるとどうなるか

コミュニケーション能力は高まる?

最所千依さんと、お母さんの久美子さんは、掛け合い漫才のように、関西人らしい笑いにあふれた会話が印象的だ(写真:最所さん提供)

さまざまな家庭の家族会議の形や、あり方をルポしていくこの連載。続けていると、家族会議は家族のコミュニケーションツールとしてはいいことばかりだとしみじみ感じる。

でも、家族会議をすることで、本当に子どもにとっていい効果があるのだろうか? 重荷に感じる子もいるのではないか? そんな疑問はつねに胸にあった。もちろん、受け取り方は人によって異なるだろうけれど、家族会議を昔からやっていたという人に話を聞いてみたいと思っていた。

対話の基本は、「なぜ?」「どうして?」

ある時、「うちはずっと子どもの頃からやっていましたよ」と、古い友人が声をかけてくれた。彼女、最所千依(さいしょちえ)さんは、昔から自分の考えを、ユーモアを交えて話してくれる、話し上手・聞き上手な女性だ。

この連載の一覧はこちら

周囲は彼女の話をいつまでも聞いていたくなってしまう。現在は、本人曰(いわ)く「おしゃべり好き」な個性と能力を活かして、教育・採用・コンサルの指導にかかわる講師業を立ち上げ、活躍している。

そんな千依さんが、これまで一体どんな家族会議をしてきたのか、家族会議が彼女のパーソナリティ形成にどう影響したのか、お母さんと一緒に話を聞かせてもらった。

最所家:家族構成
母:久美子さん 父:増男さん(故人)  娘:千依さん(38歳)
家族の課題:グローバル時代に生き残れる対話力のある娘を育てたい!

「いつ頃から、家族会議が始まったかなぁ? 確か小学校2、3年くらいだと思います」。柔らかい声で千依さんが答えてくれようとしていると、横で聞いていたお母さんの久美子さんがすかさず口を挟んだ。

「いえいえ、もっと前。2歳くらいの時から、自分の意見を話す“訓練”はしてきたでしょ」

え!2歳から自分の意見を話す“訓練”? そんなことできるものなのでしょうか? 

次ページ母はなぜ子どもに話させる訓練をしたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。