2歳児から「家族会議」し続けるとどうなるか

コミュニケーション能力は高まる?

最所千依さんと、お母さんの久美子さんは、掛け合い漫才のように、関西人らしい笑いにあふれた会話が印象的だ(写真:最所さん提供)

さまざまな家庭の家族会議の形や、あり方をルポしていくこの連載。続けていると、家族会議は家族のコミュニケーションツールとしてはいいことばかりだとしみじみ感じる。

でも、家族会議をすることで、本当に子どもにとっていい効果があるのだろうか? 重荷に感じる子もいるのではないか? そんな疑問はつねに胸にあった。もちろん、受け取り方は人によって異なるだろうけれど、家族会議を昔からやっていたという人に話を聞いてみたいと思っていた。

対話の基本は、「なぜ?」「どうして?」

ある時、「うちはずっと子どもの頃からやっていましたよ」と、古い友人が声をかけてくれた。彼女、最所千依(さいしょちえ)さんは、昔から自分の考えを、ユーモアを交えて話してくれる、話し上手・聞き上手な女性だ。

この連載の一覧はこちら

周囲は彼女の話をいつまでも聞いていたくなってしまう。現在は、本人曰(いわ)く「おしゃべり好き」な個性と能力を活かして、教育・採用・コンサルの指導にかかわる講師業を立ち上げ、活躍している。

そんな千依さんが、これまで一体どんな家族会議をしてきたのか、家族会議が彼女のパーソナリティ形成にどう影響したのか、お母さんと一緒に話を聞かせてもらった。

最所家:家族構成
母:久美子さん 父:増男さん(故人)  娘:千依さん(38歳)
家族の課題:グローバル時代に生き残れる対話力のある娘を育てたい!

「いつ頃から、家族会議が始まったかなぁ? 確か小学校2、3年くらいだと思います」。柔らかい声で千依さんが答えてくれようとしていると、横で聞いていたお母さんの久美子さんがすかさず口を挟んだ。

「いえいえ、もっと前。2歳くらいの時から、自分の意見を話す“訓練”はしてきたでしょ」

え!2歳から自分の意見を話す“訓練”? そんなことできるものなのでしょうか? 

次ページ母はなぜ子どもに話させる訓練をしたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT