2歳児から「家族会議」し続けるとどうなるか

コミュニケーション能力は高まる?

「お母さん、それ、家族会議とはちゃうやん〜!」と言う千依さんの声をもろともせず、久美子さんは最所家の子育てポリシーを語ってくれた。

「この子が生まれて、これからはグローバルな世界になるだろうって思ったんです。外国の人ともコミュニケーションをする時に、きちんと自分の言葉で意見を言える人にならないといけないって。

英語などの言語を習得することもそうですが、日本語でちゃんと話ができてこそ、という思いがあった。だから、なるべく自分の思いを言葉で表現できるように、ということに気をつけて育ててきました」(久美子さん)

「ダメ」ではなく「なぜ?」が家族のキーワード

なるほど、それはまさにそのとおりだ。だが2歳の時から? 千依さんは苦笑いをしながら、「確かに、いつどんな時も『なんで?』『どうして?』と聞かれること、それに答えることが、物心ついた時から当たり前の家ではありました」と話を引き継いでくれた。

「たとえば、2歳の私がおやつを食べたいとするじゃないですか。でも親が出してくれたおやつに、『これはやだ』ってなるときもあったんですね、2歳とか3歳とかだと」

「そうしたら『なんで嫌なの?』と聞かれる。それが『ダメ』ということではないんですね。でも『どうして?』とは父からも母からもいつも聞かれていました。2、3歳なんて表現できることは限られていますよね。でも自分なりに『これは昨日も食べたから』とか、何かしら理由を伝える。親を納得させられないと何も通らない、というのがすでに暗黙の了解になっていました」(千依さん)

いわゆるイヤイヤ期の2歳に、論理的な受け答えが毎回期待できるとは思えない。それはご両親も承知のうえだっただろう。だが、最所家は根気強く「なぜ?」「どうして?」を繰り返した。言葉が足りなくても、その思いが伝われば、納得もしてくれた。

次ページ自然とわかりやすく話す習慣が身に付いた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。