2歳児から「家族会議」し続けるとどうなるか

コミュニケーション能力は高まる?

そしてもちろん、子どもからの「なぜ?」「どうして?」にも、きちんと答えた。感情論や馴れ合いではなく、できるだけ論理的に話をする――。そうした基盤が、千依さんと両親のコミュニケーションの中に組み込まれていった。

小学生になった頃から、いよいよ最所家の家族会議が始まる。

議論が盛り上がって「延長戦」も

建築士として事務所を持ち、忙しくしていた父の増男さんだったが、夕食時には必ず帰宅し、家族3人で食事をすることを守り続けていた。千依さんが学校であったことを話し始めると、そこから議論がどんどん深まっていくのが日常の風景だったと言う。

「『会議をしよう』と言葉にしていたわけではありません。でも、私の学校の話、話題になっているニュース、父の仕事のこと、家族の誰かの口論の分析、など毎回いろいろなメイントピックがあって、それについて3人で話すということをやっていましたね。議論が盛り上がって食卓後も残って話をしたり、リビングに移動して話を続けたりということも、10日に1度はありました」

大好きだった父との思い出の1枚。「無口だった父ですが、偏見を持たず最後まで人の味方をするとても優しい人でした」と千依さん(右)(写真:最所さん提供)

小学生の千依さんの意見ももちろん尊重される。自分の意見を大人に納得してもらうために、千依さんは時には図を書いたりしながら発言をしていたという。

「親と自分の考えが違ったら、なぜ違うと思うのか伝えないと何も始まらない。でもわかりやすく楽しく話せば、聞いてもらえる。それは嫌なことではなくて、私にとって楽しいことでした。成長するにつれ、親との会話を元に、幼稚園や学校、習い事の先生たちにも、自分の思いを上手に伝えるにはどうしたらいいかなって考えるようになっていきましたね」(千依さん)

次ページある時、いじめのニュースが話題になると
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。