「スーパー男子」2人を育てた家族会議の凄み

畑仕事から風呂たきまでこなせるように

「リフォーム途中でも、すのこの下からムカデが出るとか、畳が腐ってたとかいろいろ問題が出てくるんです(笑)。でもどうやったら解決する?って子どもに聞いたら『作ってみる』って言ってくれた」(陽平さん)

二段ベッドが欲しいなら自分たちで作る。居心地の良い浴室が欲しいなら、床をはがして作る。トイレがゴキブリだらけ。だったらぶち壊して作り直そう。

大工さんの背中を見ながら、できることは自分たちも参加する。そうしていく中で、大工さんへの尊敬も生まれるし、自分たちが作っていく家への愛着もできてくる。自分が壁を塗ったトイレを掃除するのは、今も「トイレ大臣」の創咲くんの担当だ。

大事なのは会議をすることではない

実はリフォームは未完成で今もちょこちょこと手を入れているが、ここで暮らして4年。大会議から始まったわが家での暮らしを、佐藤家の全メンバーが愛着を持って大切にしている。

大分産の木材がびっしりと敷き詰められた部屋が完成! 自分で作ったからこそ、メンテナンスや掃除も「自分ごと」として積極的にかかわれる(写真:佐藤さん提供)

家族の中での話し合いなんて、堅苦しい、面倒くさい、と思う人もいるかもしれない。小学生の子どもならなおさらそうだろう。でも大事なのは会議をすることではなく、楽しい毎日を作ること、そして、可能性や希望を見いだすことだと陽平さんは言う。

「『会議』というと堅苦しく感じるかもしれませんが、とにかく、やりたいことや『今日1日どうする?』ということを出し合う。たとえば家事や段取りも、『お父さんもお母さんも仕事で忙しい。子どもらも宿題もあれば部活もあれば友達とも遊びたい。全部叶えるにはどうしたらいい?』ということを考える。そういうことをうちではずっとやってきました」(陽平さん)

次ページ子どもに「会議はいいものだ」と感じさせるには?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。