「あまり話さない夫」を変えた妻の意外な提案

四半期に一度、都内のホテルでガッツリと

眺めが良いマンションの最上階をシェアハウスにして暮らしている松尾夫妻と玄くん。開かれたスタイルの「家族」を目指すからこそ夫婦の対話を密にしている (編集部撮影)
「四半期に一度、都内のホテルにわざわざ宿泊して、がっつり会議をしている夫婦がいる」知人にそんなことを聞いて、すぐに会いたい! と思った。四半期に一度だからその名も、「Quarter Session(クォーター・セッション)」。なんともおしゃれじゃないか。
共働きで、小さな子どももいる20代のカップルは、夫婦でどんなことを話すんだろう? 毎日同じ家で暮らしているのに、わざわざ宿泊してまで合宿をする意味は? いろんなことを聞いてみたいと思った。

普段からあまり話さない夫に不満が…

実は、「家族会議」をあちこちで取材したり、ワークショップを開催したりしていると、「うちもやってみたいけど、夫が乗り気にならないかも」という妻側の声をよく聞く。

この連載の一覧はこちら

夫婦で、あるいは子どもを入れた家族で、しっかり対話をしたいという気持ちはあれど、いざ「会議をしましょう」と誘うのは他人行儀にも思えるし、そもそも夫は嫌がるんじゃないか、というのが理由らしい。

「うちもそうでした。夫は普段からあまりいろんなことを話してくれなくて。それが夫婦喧嘩の1番の原因だったんです」と語る松尾夫妻に、夫婦の会議合宿について話を聞いた。

松尾家:家族構成
夫:力(りき)さん 妻:真奈さん 息子:玄くん(1歳)
家族の課題:夫の話をもっと聞きたい!

松尾家は、20代後半の夫婦と1歳4カ月の玄くんの3人家族。ただ普通の家族と少し違うのは、都内某所にあるマンションで、もう一組のご夫婦、さらに独身の男性と3家族、合計6人で共同生活をしている点だ。「結婚した当初から、夫婦2人だけの世界を作りたいという気持ちは持っていなくて。むしろたくさんの人が行き来する風通しのいい家にしたいなと思っていたんです」という夫の松尾力さん。

友人夫婦と一緒に暮らせる広めの物件を探し、2年前から現在の家で一緒に暮らし始めた。そこに今年に入り、空部屋だった和室に男性の友人が入居し、現在は3家族同居だ。

次ページ2年前に家族会議を始めたキッカケ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT