「アルバイト不毛地帯」で起きる大変な事態

人気で黒字なのに、撤退に追い込まれる店も

アルバイト不足でたちゆかなくなる飲食店も…(写真:Graphs / PIXTA)

日本の大都市に住む会社員の多くが、いまだ「長距離通勤」にあえいでいます。タワーマンションが都心近郊に続々と立ち並ぶ時代になりましたが、実は長距離通勤問題はほとんど改善していないのです。

この連載の一覧はこちら

総務省の調査では、平均通勤時間は1時間を超えており、いちばん長い神奈川県は1時間45分もかかっています。30年以上前、筆者が子どもだった頃、郊外に戸建てを購入し、満員電車で長時間通勤するサラリーマンの姿をドラマで見た記憶があります。「大変そうだ。そうはなりたくない」と感じたことを思い出しますが、現在も状況は大きく変わっていません。筆者の周囲で聞いてみても、往復で1時間半くらいかかる人が大半でした。

アルバイト・パートの職場を探す条件

一方で非正規社員の通勤時間はどうか? 特にアルバイト・パートの通勤時間は正社員とは大きく違っています。勤務先への通勤時間は正社員に比べて短く、30分未満が6~7割を占めています。さらに学生・主婦・シニアに絞ると15分未満。逆に45分や1時間かけて通う人は1割程しかいません。電車を使わない、使っても1~2駅程度の通勤でないとやらないということのようです。周囲でアルバイト・パートをしている方数人に話を聞いてみると、

•家事に支障をきたしたくない

•学校と自宅の間にあることが重要

などの条件で職場を探したとのこと。家や最寄り駅などからアルバイト探しをするケースが多く、実際にも、アルバイト・パートの採用は電車沿線の近隣で取りまとめて求人が探せるようになっています。

このようにアルバイト・パートは通勤時間だけで比較すれば、正社員よりも相当に恵まれているといえるかもしれません。

取材した元正社員のDさんは家庭の事情で、地元の店舗で販売員のアルバイトになりました。年収は半分くらいになりましたが通勤時間はわずか5分。睡眠不足、満員電車のストレスがなくなって、すこやかな生活に変化したようです。

次ページ通勤時間が長いことは多くの人にとってストレス
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。