「1年以内に辞める若者」が続々生まれるワケ

3年よりもっと早くに辞める心理

入社1年以内に辞めてしまうのはなぜでしょうか(写真:EKAKI / PIXTA)

桜が咲き、春が訪れると職場は活気に溢れます。入社式を経て、新入社員が元気に入社してくるからです。大学を卒業したばかり社会人1年生が醸し出す高揚感が先輩社員たちに伝わります(もちろん、すべての新入社員に高揚感があるとはいいませんが)。

この連載の一覧はこちら

「よろしくお願いします」「質問してもいいですか?」と一生懸命に話しかけてくる姿勢が「新たな気持ちで仕事に臨まねばならない」と仕事に対する意欲を高めてくれます。

筆者にも同様の経験があります。入社して数年後、新入社員が1000名近く入社し、筆者の職場では所属する社員の3分の1が新人に。教える相手の多さに悲鳴を上げそうになりましたが、熱心に学ぶ姿勢で職場が活気づいたことを鮮明に覚えています。

みなさんの職場には新入社員が配属されましたか? ちなみに世間は売り手市場です。キャリタス就活の調査(2018年10月)によると、就職活動で志望度合いが高い会社に入社できた新入社員は7割を超えています。

新入社員たちは期待値が相当に上がっている

こうした状況下、新入社員たちは、接客がしたい、専門性を身に付けたい、地方創生に貢献したい……など、入社後の「やりたいこと」に対して期待値が相当に上がっているようです。

取材した広告代理店に入社したSさんは、就職活動で第一希望の会社に入社することができました。面接で入社後にやりたいこととして「広告業界の新たなトレンドになるようなCMをつくりたい」と熱く語り、それを一日も早く実現したいとやる気満々の様子。ただ、そうした新入社員に冷めた意見を言う社員もいます。たとえば、大手メーカーで人事部経験があり、現在は営業部に勤務しているDさん。

「1年以内に辞める新入社員が相当いる。期待をかけても裏切られるだけ」

高揚感などすぐに冷めてしまう。辞める可能性があるから期待しすぎるな……ということなのでしょう。

次ページ実は1年以内に結構な数の人が辞めている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT