バイト採用に苦戦する会社の大いなる勘違い

「正社員登用あり」と連呼してもムダだ

なぜ採用できないのでしょうか(写真:Masaru123 / iStock)

アルバイトやパートも採用できない

正社員だけでなくアルバイト・パート(非正規社員)も採用できない……。そんな悲鳴が採用の世界でこだましています。

この連載の一覧はこちら

時給を上げても応募がわずか。それどころか、応募がゼロというケースも。業界問わず、採用に苦労しているという声を頻繁に耳にします。2017年12月の全国平均時給は過去最高水準を更新。地域的には東海エリアが2年10カ月ぶりに「関西エリア」の平均時給を上回るなど、特性により違いがあるものの、上昇傾向は変わりません。

外食、サービス業界などの経営者から、採用ができなければ店を閉めなければならない……と死活問題になっているという話も聞くようになってきました。

ところが時給を上げても他社が追随するので焼け石に水。それに、時給を上げ続けていたら経営も成り立ちません。この状態が当面続きそうなので、会社は別の効果的な公募条件を模索しています。こうした中、効果的な応募条件になるのではと期待され増えているのが「正社員登用制度あり」の一言。

このところ、求人サイトで見かけることが増えています。このキーワードで検索すると求人がズラリと並びます。ただ、土日休み×残業少なめ、サポート体制バッチリで未経験でも安心。20~40代女性多数活躍中……といったキャッチコピーの脇に【正社員登用あり】のアイコンでさりげなく紹介されているだけ。実際のところ、どれくらいの実績があるのか? どのような条件を満たすと正社員になれるのか? なかなか詳細はわかりません。でも、増えているということは効果ありと、採用担当は考えているのでしょう。非正規社員の採用に関して正社員登用が効果的なのか? 考えてみたいと思います。

次ページ「正社員登用あり」は本当に魅力的なのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT