ネコ派必見!ネコにまつわる英語あれこれ

「ネコをかぶる」を英語にすると…

すると、タロウさんが What do you call “buchi-neko” in English?(ブチ猫は英語でなんと言うんですか?)と質問してきました。ブチ猫は、毛が2色のネコのことですが、筆者が聞いたことがあるのはtuxedo (cat) (タキシード猫)という黒と白の2色で、背中が黒く、胸や腹が白いパターンのネコくらい。ブチ猫全般に何か名前がついているのかどうか答えられなかったので、これは筆者の宿題にしてもらいました。

オフィスに戻ってからネコ好きのジョンに聞いてみると、彼の話ではtuxedo以外のブチ猫には特別な名前があるわけではなく、そのままbicolor (cat)(2色のネコ)と言うようです。

tortoiseshell サビ猫
calico (cat) 三毛猫
tabby (cat)  トラ猫
bicolor (cat) ブチ猫

ネコが登場する英語表現

せっかくネコの話で盛り上がったので、ネコが含まれる英語の表現で有名なものをいくつか研修で教えました。覚えておいて、冗談ぽく会話で使ったりすると、しゃれた感じでカッコいいかも!?

Curiosity killed the cat. (好奇心はネコを殺す〔詮索は災いのもと〕)

これは余計なことを根掘り葉掘り尋ねる人を戒めるときに使う表現です。「好奇心旺盛なネコは危険なところに立ち入って命を落とす」ということで、「詮索も大概にしろ!」のように使うといいでしょう。もともとはCare killed the cat. (心配事はネコを殺す)という表現だったようですが、いつどこで変わったんでしょうね。聞かれたことに答えたくないとき、こんな表現でごまかしてみたらどうでしょう?

ただ、質問に答えたくないからと、黙り込んでいると、

Cat got your tongue? (ネコに舌を取られたの?〔なんで黙ってるの?〕)

と言われてしまうかもしれませんが。

この表現の由来はたくさんあって、どれが本当なのかよくわかりません。舌を切ってネコの餌にしたからとか、ネコには人を話せなくする魔力があるからとか、cat-o'-nine-tails(九尾の猫)という体罰用のむちで話せなくなるからだとか……。ネーティブに聞いても、どれが信憑性の高い説なのかはわかりませんでした。

本来は Has the cat got your tongue? という文ですが、口語では Cat got your tongue? と短くして使います。

次ページlet the cat out of the bagはどんな意味?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT