英語の「聞き流し」より「音読」が効果的だ

苦手なリスニングだけやってもムダ?

英語をきちんと聞き取れるようになるための近道とは?(写真:maroke / PIXTA)

ちまたでよく「聞き流すだけで英語が話せる」という売り文句を耳にしますが、インパクトこそあれ、ちょっと疑問が湧いてしまうのは筆者だけでしょうか。「まあ、『聞き流していれば、いつの間にか話せる』なんてうまい話はありえない」と思っている方でも、「聞き流していれば、リスニングは伸びる」と思っているかもしれませんね。「まったく伸びない」とは言いませんが、ほとんどの学習者の場合、あまり効果は期待できないと筆者は考えます。

今回は英語のリスニングを伸ばすための学習やトレーニングのあるべき姿というのを紹介したいと思います。

リスニングだけ伸ばしたい?!

この連載の一覧はこちら

先日開催したTOEIC® Listening and Readingテスト対策講座に参加してくださったハナコさんに「TOEICのリスニングセクションのスコアを上げたい」と相談されました。リスニングのトレーニングにもいろいろありますので、ひととおりは紹介したのですが、それと併せて「声に出す音読のトレーニング」を勧めました。すると、

とりあえず、スピーキングはいいんです。リスニングだけ伸ばしたいので……

と言われてしまいました。

筆者はどの技能(読む、聞く、話す、書く)対策においても、できるだけ4技能すべてを含めた活動を勧めています。特に同じ受信技能(読む、聞く)や発信技能(話す、書く)のグループにあるもの、それから同じ音媒介(聞く、話す)、文字媒介(読む、書く)のグループにあるものは重要です。ハナコさんに、リスニング対策としてスピーキング活動の音読を勧めたのは、音に関するトレーニングをしっかりと行ってもらいたかったから。

次ページ文字で読むと理解できる内容でも…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT