これは効果大!英語の発音「楽チン攻略法」

ややこしい「Lの発音」を簡単クリア

今回はLの音の「楽チン攻略法」です(写真 : ibphoto / PIXTA)

先日の記事、「英語の発音『楽チン攻略法』」がおかげさまで好評で、記事を読んでくださった方数名から「他にもないか」とか「日本人が苦手な音は全部書いてほしい」とリクエストいただきました。

筆者はさまざまな企業での英会話研修で、研修生の発音を矯正することがよくありますので、皆さんにシェアできそうな発音ネタがあるときには随時紹介しようと思います。

今回取り上げたいのはLの音の「楽チン攻略法」です。「L=ラリルレロ」という固定概念を捨てて発音するだけで、一気にネーティブのような発音にすることができるんです。ぜひ声に出しながら試してみてください。

 Lの音は2種類ある

この連載の一覧はこちら

「英語にはLの音が2種類ある」というのは聞いたことがありますか。

単語の始めや母音の前にあるLの音はLight L(明るいL)と呼ばれていて、単語の終わりや子音の前にあるLの音はDark L(暗いL)と呼ばれています。

Light L (明るいL) Dark L (暗いL)
leave
light
blue
caller
pool
file
milk
help

なんとなくLight Lははっきりくっきり明るい音、Dark Lはあいまいなこもった暗い音というのがイメージできますか。今回はDark Lの「楽チン攻略法」を紹介しますので、まずはどの単語にDark Lが含まれているのか見つける練習をしてみましょう。目印は、「最後にLがある」単語「Lの直後に子音(母音以外)がある」単語です。

lemon school sleep cold clip people feeling health really

どうでしょう、見つけることができましたか?

まず、単語の最後の音がLになっているschoolpeopleDark Lの単語ですね。peopleはつづりの最後にeが付いていますが、発音しないeですので、音はLが最後です。

次ページLの音が子音の前にあるのが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。