これはズルい!英語の発音「楽チン攻略法」

カタカナ発音だって使いよう

発音の「楽チン攻略法」とは?(写真 : Glucose / PIXTA)

以前、ネーティブに通じる発音をするためには、アクセントの位置に気を付けることが重要とお話ししました。その時にも書きましたが、必ずしも完璧にネーティブのような発音になる必要はないけれども、最低限通じる発音であることが大切だと筆者は思っています(ただ、誤解のないように言っておきたいのは、ネーティブのような発音になりたい人が、それを目指して学習したり練習したりすることはすばらしいことですので、それを否定しているわけではありません)。

文で話しているときは、多少音が間違っていても、ネーティブはだいたい文脈で判別してくれますので通じることが多いのですが、単語単体を発音するときや短文で話すときには、より正確な発音が要求されてしまいますので、注意が必要です。文脈などの周辺情報が乏しいと、ネーティブも推測することができないのです。

そんなときでも通じる発音ができるように、今回はいくつか簡単な発音法を紹介します。特に日本人が苦手な母音の発音を2つピックアップして、楽な方法で通じる発音に変えてしまいましょう。

ランの過去形はランではない

この連載の一覧はこちら

みなさんも中学生の時、動詞の不規則変化って暗記しましたか。あの、過去形をつくるときに-edがつかないという厄介な動詞たちです。sing-sang-sungとかswim-swam-swum、それから、run-ran-runbegin-began-begun。あえてこれらの動詞を例として挙げたのですが、これらの動詞変化はカタカナ発音で読むと、過去形と過去分詞形の区別がつかなくなってしまいますよね?

sing-sang-sung × シング・サング・サング
swim-swam-swum × スウィム・スワム・スワム
run-ran-run × ラン・ラン・ラン
begin-began-begun × ビギン・ビガン・ビガン

runの変化は「ランランラン」て、まるでスキップみたいですね。

次ページaの音 / æ / は日本人が苦手な音のひとつ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT