これはズルい!英語の発音「楽チン攻略法」

カタカナ発音だって使いよう

early × アーリー
bird × バード
worm × ワーム
girl × ガール
turn × ターン
birthday × バースデイ
her × ハー

すると、furtherfartherfather はすべて「ファーザー」になってしまいます。「ハート」と言われると、heart なのかhurtなのか、はたまたhotなのか混乱してしまいます。カタカナ発音では、「ア」や「アー」で代用する母音が多すぎて、どの音なのかがネーティブには区別がつきにくいのです。

頑張ってネーティブの音を出そうと、erの音 / ɚ / を一生懸命に巻き舌で発音してくれる人もいますが、慣れるまではけっこう難しいですよね。巻き舌を意識しすぎて、他の母音まで全部巻き舌になり、逆に聞きづらくなってしまうこともあります。

ネーティブと話しているときにうまく通じないときや、もう割り切っていつもカタカナ発音で話しているという方は、erの音 / ɚ / は「ウー」にするのがいいのではないかと筆者は思うのです。

early ウーリー
bird ブー
worm ウー
girl グー
Thursday スーズデイ
turn トゥー
herフー

どうせ違うなら「より『通じる』間違い」を

これもズル方式なので「本当の音と違う!」と言われるのは承知のうえで、どうせ違うなら「より『通じる』間違い」をお勧めしているのですが、本来の音を意識したうえで「ウー」と言うと、「アー」よりはそれっぽく発音できるはずです。

今回はあくまでも母音の話なので、子音も含めて見ていくと、確かに微妙なものがたくさんあるのはわかってはいるのですけれど……(笑)。

たとえばwの音は、「ウ( / u / や / ʊ / )」という母音の前だと、日本人には発音しづらい音になってしまいますよね。woolwolfwomanwouldなどは、すべてwの音が入っていない音で発音されてしまうことが多いです。

wool × ウール
wolf × ウルフ
woman × ウーマン
would × ウッド

でも本当はワ行「ワ、ウィ、?、ウェ、ウォ(ヲ)」のウ段の音なので、「ウ」ではなく「ウゥ(Wゥ)」なのです……。うまく表記ができないですね……「ワゥ」とか「ヲゥ」のほうが、音のイメージがわきますか?

wool ヲゥ
wolf ヲゥルフ
woman ヲゥマン
would ヲゥ
次ページbirthday の響きが悪い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング