問題!「ナントカさん」と英語で言えますか

知って納得「繰り返し表現」を総まとめ

「ナントカさん」を英語にすると?(写真:Rawpixel / PIXTA)

筆者が学生の頃は、親が「ほら、あれ! なんだっけ、あれ、あれ!」と「あれ」を連発しているのをバカにして笑っていたのですが、すっかり自分もそんな年頃になってしまいました。とにかく人の名前が思い出せない。「あのドラマに出ていた、ナントカっていう女優」とか、「取引先で前に担当だったナントカさん」とか、ひどい「ナントカ病」です。誰かに本当になんとかしてほしい。

この「ナントカさん」というのを英語にすると、Mr. So-and-so〔男性〕とかMs. So-and-so〔女性〕と言うのですが、先週、研修中に「なんとか病」が発症して思わずMr. So-and-soを使ったら、その場にいた研修生たちに妙にウケてしまいました。と言っても笑われたわけではなく、すごくこの表現が気に入ったようなのです。語呂がよくて覚えやすいのだとか。

こんなふうに同じ単語を繰り返す表現は簡単に覚えられそうなので、ほかにも教えてほしいと言われました。今回は、そのときに紹介した表現をまとめてご紹介します。

体の一部を合わせる表現

この連載の一覧はこちら

まずサッと思いついたのが、体の一部を表す単語が繰り返される表現。たくさんありますが、どれも本当に覚えやすいと思います。

hand in hand 手を取り合って
face to face 面と向かって
back to back 背中合わせに

という表現などはぜひ覚えておくといいでしょう。

自分とほかの人の体の同じ部位同士がくっついたり、向かい合ったりしている様子を描写した表現ですよね。ほかにもarm in arm(腕を組んで)などもあります。例文で見るとさらにイメージが湧くかもしれません。

One morning, Mr. Yamada showed up to work hand in hand with Ms. Tanaka.
(ある朝、ヤマダさんはタナカさんと手をつないで出勤してきました)
I’m glad to finally meet you face to face!
(ようやく直接お会いできてうれしいです)
Kenji and Daisuke stood back to back to see who was taller.
(ケンジとダイスケはどっちのほうが、背が高いか比べるために背中合わせに立った)
次ページ比喩的な意味で使用することも
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。