「日本人初の9秒台」のニュースから学ぶ英語

実はあの受験英語が役に立つ!

「名前動後」をマスターしましょう!(写真 : tada-taka / PIXTA)

先日、桐生祥秀選手が日本学生陸上競技対校選手権大会の男子100メートル決勝で日本人初となる9秒台を公式に記録したというニュースがありました。

近年、桐生選手やケンブリッジ飛鳥選手が追い風参考記録ながら10秒台の壁を超えた記録を出していましたので、「いずれ近いうちに誰かが……!」と思っていた矢先のうれしいニュースでした。

筆者が英語を教える、研修生のタロウさんは、高校生のとき陸上部だったというだけあり、このニュースのことを大喜びで語っていました。2020年には東京でオリンピックが開催されますが、そのときにはみんながこんなふうに英語でさまざまなスポーツの話ができるようになっているといいなぁと思いながら、筆者も耳を傾けていました。

今回はこのニュースをもとに、英語を学んでみましょう。

受験勉強で覚えた発音の知識が大活躍

この連載の一覧はこちら

タロウさんが話しているときに、どうしても気になって直してしまった発音があります。それがrecord(記録)という単語。スポーツの話では頻出の単語で、皆さんも日頃よく見聞きすると思いますが、動詞で使うときと名詞で使うときで発音が変わるというのは知っていますか。

受験勉強中にセンター試験のアクセント問題対策として「名前動後(めいぜんどうご)」を習った方も多いのではないでしょうか。記憶にあるという皆さんは、「ああ、あれね!」と思い出してほしいところです。でも、「名前動後」を知らない方もご安心ください。ここで簡単に説明いたします。

次ページ「名前動後」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。