「メリークリスマス」の挨拶は万国共通でない

イギリスとアメリカでもこんなに違う

クリスマスの時期がやってきました!(写真 : hide / PIXTA)

12月後半になり、どこを歩いてもクリスマスソングが流れていますね。あちらこちらから We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year! と聞こえてきますが、先日筆者が教える英語研修で、クリスマスソングの話をしたら、「どうしてクリスマスのあいさつだけ happy ではなく、 merry を使うんですか?」と聞かれました。言われてみれば、確かに……。筆者もあまり深く考えたことはなかったので、さっそく調べてみました。

聖なる降誕祭にふさわしいのは…

この連載の一覧はこちら

これは、某アパレル企業に勤務するハナコさんからの質問だったのですが、筆者も理由はわからないと答えると、ハナコさん「不思議ですよね……Merry New Year とは言わないし、Happy Christmas も言わないし……」と続けていました。

でもハナコさん、実はイギリスでは「ハッピー・クリスマス」というのはみんな言いますよ。ワム!の「ラスト・クリスマス」でも、ジョージ・マイケルが言ってるでしょう?と言ったら、「ワムって誰ですか?」と聞かれてしまいました。若者でもさすがにワム!は知っていると思ったのに……。出だしを歌ってあげたら、「あー、聞いたことあるー!」と言って、なぜだかケタケタと笑っていました。でも、Merry New Year という表現が使われないというのはハナコさんのおっしゃるとおり。

オフィスに戻ってイギリス人の同僚ジョンに「なぜクリスマスはmerryなの?」と聞いてみると、第一声は「起源はわからないけど、クリスマスディナーで酒盛りするからじゃない?」という答え。merrymaking (酒宴・お祭り騒ぎ)なんて単語があるくらいですから、merryという単語にはお酒を飲んで楽しむイメージがあるようですね。そのあと、「でも本当になぜだろうね……」と理由が気になってしまった様子のジョン。結局2人でネットを使ってmerryの起源を調べてみることになりました。

次ページ記録上初めてmerryがイギリスで使われたのは…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?