「犬」にまつわる英語はこんなにも辛らつだ

「落ちぶれる」「だめになる」…?

今回イヌにまつわる英語表現をご紹介します(写真 : YUMIK / PIXTA)

アメリカ人の同僚ジョンが、企業の研修担当者数名から年賀状をもらったとのこと。「初めて年賀状をもらった」と大喜びして、机に並べて飾っています。年賀状に描かれたイヌたちを見て、「今年は戌年だね! 実はボクは年男なんだよ」と、ずいぶん干支のことをよく知っている様子なので感心してしまいました。「戌年生まれは正直者なんだよ!」と自慢げに話す様子も、妙に微笑ましい。

今回は、戌年にちなんでイヌにまつわる英語表現をいろいろと紹介していきます。

英語でイヌのイメージは?

この連載の一覧はこちら

英語にはDogs are man's best friend. (イヌはヒトの最良の友人)という表現もあり、忠犬ハチ公のような「誠実」「忠実」というイメージもあります。「戌年生まれは正直者」というのは、日本語でのイヌのイメージに影響されたものなのかどうかは不明ですが、少なからず英語と日本語で共通するような印象があるのかもしれませんね。でも、実は英語ではイヌは意外にネガティブなイメージで使用されることのほうが多いのです。たとえば、

Since I got back from the trip, I’ve been sick as a dog. (旅行から帰って来て以来、すごく具合が悪い

のように (as) sick as a dog (とても体調が悪い)という意味で使ったり、a dog’s life (みじめな暮らし)という表現に使われたりもします。

Hiroshi has been leading a dog’s life since his girlfriend dumped him. ガールフレンドに捨てられてから、ヒロシはみじめな生活を送っています
次ページネガティブな意味になることがほとんど
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。