「犬」にまつわる英語はこんなにも辛らつだ

「落ちぶれる」「だめになる」…?

今回イヌにまつわる英語表現をご紹介します(写真 : YUMIK / PIXTA)

アメリカ人の同僚ジョンが、企業の研修担当者数名から年賀状をもらったとのこと。「初めて年賀状をもらった」と大喜びして、机に並べて飾っています。年賀状に描かれたイヌたちを見て、「今年は戌年だね! 実はボクは年男なんだよ」と、ずいぶん干支のことをよく知っている様子なので感心してしまいました。「戌年生まれは正直者なんだよ!」と自慢げに話す様子も、妙に微笑ましい。

今回は、戌年にちなんでイヌにまつわる英語表現をいろいろと紹介していきます。

英語でイヌのイメージは?

この連載の一覧はこちら

英語にはDogs are man's best friend. (イヌはヒトの最良の友人)という表現もあり、忠犬ハチ公のような「誠実」「忠実」というイメージもあります。「戌年生まれは正直者」というのは、日本語でのイヌのイメージに影響されたものなのかどうかは不明ですが、少なからず英語と日本語で共通するような印象があるのかもしれませんね。でも、実は英語ではイヌは意外にネガティブなイメージで使用されることのほうが多いのです。たとえば、

Since I got back from the trip, I’ve been sick as a dog. (旅行から帰って来て以来、すごく具合が悪い

のように (as) sick as a dog (とても体調が悪い)という意味で使ったり、a dog’s life (みじめな暮らし)という表現に使われたりもします。

Hiroshi has been leading a dog’s life since his girlfriend dumped him. ガールフレンドに捨てられてから、ヒロシはみじめな生活を送っています
次ページネガティブな意味になることがほとんど
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
怒涛の半導体&電池

ビッグデータとEVシフトで需要爆発の半導体と電池。今なお日本が強みを発揮できる分野だ。主要企業や市場シェアがわかる業界地図、市場拡大の波に乗る注目銘柄100を掲載。