「犬」にまつわる英語はこんなにも辛らつだ

「落ちぶれる」「だめになる」…?

Do you want strong tea or coffee? Or the hair of the dog? 濃いめのお茶かコーヒーを飲みますか?それとも迎え酒にしますか?

研修生に説明をしたあとで、Do you really think the hair of the dog cures a hangover? (本当に迎え酒が二日酔いに効くと思う?)と尋ねると、Of course! (もちろん!)と言って、Gin works the best. (ジンがいちばん効く)と教えてくれました。Well, I took it with a grain of salt. (まあ、話半分に聞いておきました)

戌年生まれは頑固!

さて、「戌年生まれは正直者」と言ったジョンが Do you really care what animal it is each year? (毎年、何の干支なのか、そんなに大切なの?)と聞いてくるので、筆者は年賀状を書くときしか気にしないと伝えました。

あとは、自分の干支の話のときに、話題にあがるくらいですよね。すると、「ふーん」と言いながら、

What’s your Chinese zodiac sign? 干支は何?

と聞くので、I’m a Rat. (子年)と言うと、

Rats are stingy. 子年はケチ

と悪いほうの性質を挙げるではないですか! They are thrifty! (倹約家!)と言い直して、ついでに、

Rats are smart. Dogs are stubborn. 子年は頭がいい。戌年は頑固

と負けずに応戦すると、肩をすくめながらスルーされてしまいました。血液型や星座で性格占いのようなものはよく見かけますが、干支の性格占いって、ふだんそんなに目にしない気がします。しかも、まさかのアメリカ人から指摘されるのはかなり新鮮でした。ちなみに「子年は頭がいい」というのは、筆者のまったくのでっちあげなので、本当にそう言われているのかどうかは不明です(笑)。

ジョンに、干支の順番の由来と言われる、動物たちの競争の話を聞いたことがあるか尋ねると、知らないようでした。せっかくなので、ざっと話してあげると、案の定「ネズミがウシの背中に乗って、ゴール直前で先にゴールイン!」のくだりをかなり気に入ったよう。「本当にネズミはひどいね!」と、また冗談半分に批判されてしまいました。

次ページしつけに使う指示語を英語でなんと言う?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT