「パンダ」を英語で考えるとこんなにも奥深い

動物の子どもの呼び方を知っていますか?

「パンダの赤ちゃん」は英語でなんと言う?(写真:jet / PIXTA)
この連載の一覧はこちら

2017年6月に誕生した上野動物園のパンダの赤ちゃん、シャンシャン。12月から一般公開されましたが、観覧は抽選のようですね。ネットやニュースでもよく取り上げられ、その人気ぶりには驚くばかり。

筆者の英会話研修生のひとり、ハナコさんが抽選に当たったらしく、うれしそうに話をしてくれました。その会話をもとに、今回はパンダにまつわる英語の話に加えて、動物に関する英単語を紹介します。 

パンダみたいな赤ちゃん?

都内のとあるメーカーに勤務するハナコさん、なんと研修の前日は平日だったのですが、有給休暇を取って上野動物園に行ってきたとのこと。ハナコさんのお母さんが赤ちゃんパンダ観覧の抽選に当たったようです。

△ I went to Ueno Zoo with my mother to see the panda baby.
(母と上野動物園に行って、パンダ赤ちゃんを見てきました)

ハナコさんの英語、意味は100%伝わってきたのですが、なんとなく気持ち悪くてこんなふうに訂正しました。

○ I went to Ueno Zoo with my mother to see the baby panda.
(母と上野動物園に行って、赤ちゃんパンダを見てきました)

話題の Xiang Xiang(シャンシャン)のことですので、theを使って「例の赤ちゃんパンダ」のように言うのは問題ありません。ただ、panda babyという単語の順序が、どうしてもしっくりこなかったのです。言葉の響きの不自然さは、日本語の「パンダ赤ちゃん」「赤ちゃんパンダ」と同じです。どちらも意味はわかりますが、「パンダ赤ちゃん」って、ふつう言わないですよね。

次ページどうしてダメなのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT