「犬」にまつわる英語はこんなにも辛らつだ

「落ちぶれる」「だめになる」…?

ことわざに、

Every dog has its day. どんなイヌでもいい時がある

という表現がありますが、これなんて「たとえイヌでさえもみんな」というように、ちょっと下に見て使われていて、ことわざ自体は「(イヌでさえそうなのだから)誰にでもいい時が来るものだ」という意味なのです。ちょっとイヌがかわいそうですよね。

他にはwork like a dog (がむしゃらに働く)やdie like a dog (みじめな死に方をする)なんていうのもあり、あまりにもふびんです。

My father worked like a dog for years and died like a dog. 父は長年あくせく働いて、みじめな死に方をしました

like a dog (イヌみたいに)と言うと、とにかくネガティブな意味になることがほとんどです。それから go to the dogs という表現もあり、これには「落ちぶれる」や「だめになる」という意味があります。

I used to love this restaurant but it has gone to the dogs. 以前はこのレストランが大好きでしたが、いまではもうぜんぜんイケてないところになりましたよ

イヌ好きの筆者には、なんだか納得のいかない事実ではあるのですが、こんなイメージでイヌが使われるなんてちょっとびっくりではありませんか。でも、ここに挙げた表現は会話では便利なものばかりですので、ぜひ覚えて使ってみてください。

迎え酒はどうして犬の毛?

dogを使った表現はまだまだあります。意外なものでは、英語で迎え酒のことを、

the hair of the dog迎え酒

と言います。あるとき、この表現を調べてきた研修生に、どうして「イヌの毛」が「迎え酒」という意味になるのか聞かれたことがあります。この表現はもともとは、

the hair of the dog that bit you迎え酒自分をかんだイヌの毛〕)

という長いフレーズでした。直訳すると「あなたをかんだイヌの毛」という意味ですが、「イヌにかまれたら、その傷口にはそのかんだイヌの毛をつけるといい」という古い言い伝えが由来のようです。実際に、狂犬病の予防にイヌの毛をかまれた傷口に当てたという説もあるようです。ただの都市伝説か実際の民間療法かは不明ですが、そこから「二日酔いには酒がいい」に転じて、迎え酒を指すようになったとのことです。

次ページ戌年生まれはどんな人?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT