「メリークリスマス」の挨拶は万国共通でない

イギリスとアメリカでもこんなに違う

協力してけっこう探してみたのですが、なぜクリスマスにmerryを使うのかはわからずじまいでした。唯一わかったのは、記録上初めてmerryがイギリスで使われたのは1500年代で、その使用が広まったのは1800年代。チャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』が出版されたあたりのよう。その後、Merry ChristmasHappy Christmasのどちらも使われるようになったようです。

19世紀後半あたりには、merryの「酒を飲む」というニュアンスから「宗教行事に酒を飲むなんて、下流市民のすることだ」ということで、「Happy Christmasのほうが本来の宗教的な意味として好ましい」という考えが中流階級の人たちのあいだで広まったという面白い記述も! そう聞くと、個人的に筆者はhappyよりmerryなクリスマスのほうが好きですけどね!

Merry Christmas! 〔お酒を飲んで〕楽しいクリスマスを!
Happy Christmas! クリスマスおめでとうございます!・幸多きクリスマスになりますように!

いくつかのサイトで書かれていたうわさによると、この理由から、エリザベス女王はHappy Christmasのほうを好んで使うとのこと。そういえば、女王は毎年クリスマスにスピーチをするんです。筆者もイギリスにいたときにテレビで見た覚えがあります。でも、内容まではよく覚えていませんでしたので、動画を検索して視聴してみると、たしかに最後にI wish you a very happy Christmas. と言っています。すぐにジョンにも見せると、「ふーん、僕はMerry Christmasって言うけどね……」と冷めた様子でしたが……。

merryの起源はともかく、イギリスではhappyでもmerryでもどちらでも構わないというのは間違いないようですね。でも、いまでは誰も気にしていないのでしょうが、もともとニュアンスの違いがあったというのは面白いですね。

アメリカの「政治的に正しいクリスマス」

ジョンの隣の席にいるアメリカ人のジョージが、筆者たちのやり取りを聞いて興味を持ったのか、What are you guys talking about? (キミたち、何の話をしてるの?)と聞いてきました。どうしてMerry Christmasと言うのかを調べていることと、Happy ChristmasMerry Christmasの違いの話をしていると伝えると、ジョージが「アメリカ人はHappy Christmasというのは使わない」とのこと。Me, neither! (僕も使わないよ!)とジョンがすかさず合いの手を入れますが、それは個人的な話でしょう!

ここまで来たらすごく気になって、オーストラリア人のジェーンにも尋ねてみました。ジェーンは少し考えてから「どっちも言うし、別に意味の差は感じない」とのことです。そして、カナダ人のジョッシュによると、カナダでもHappy ChristmasMerry Christmasの両方を使うようです。やっぱり、英連邦王国内はどの国でもイギリス式なのでしょうかねぇ。

次ページ個人レベルでは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT