ネコ派必見!ネコにまつわる英語あれこれ

「ネコをかぶる」を英語にすると…

次に、こんな表現は聞いたことがありますか。

let the cat out of the bag (ネコを袋から出す〔うっかり秘密を漏らす〕)

「隠しておいた秘密をばらす」という意味で使う表現です。

問い詰められたからといって、大事な秘密を漏らしてはいけませんね。Please don’t let the cat out of the bag. (秘密は守ってください)

一説では、昔、市場で子ブタの代わりにネコを袋に詰めて売る詐欺があったとのこと。その際、袋からネコが出てしまい詐欺がばれたというエピソードからきた表現なのだとか。自分の好きな文に当てはめてそのまま使うことができます。

Who let the cat out of the bag?
口を滑らせたのは誰だ?)
My crush knows I like him because my best friend, Kyoko, let the cat out of the bag!
(好きな人に私の気持ちを知られたわ、親友のキョウコがばらしたのよ!)

袋から飛び出したネコがあちこち駆けまわっている様子を思い浮かべると、秘密がどんどん広がっていくようなイメージで面白いですね。

鬼の居ぬ間に洗濯

最後にこんなことわざも覚えておくといいでしょう。

When the cat’s away, the mice will play.
(ネコがいないときに、ネズミたちが遊ぶ〔鬼の居ぬ間に洗濯〕)

日本の「鬼の居ぬ間に洗濯」は「遠慮する人がいないすきに、思い切りくつろいで命の洗濯をする」という意味ですが、英語のほうがかわいらしい感じがしますね。ネズミたちがのびのびと走りまわっているような情景が浮かびます。

ちなみにmice /maɪs/「マイス」はmouse /maʊs/「マウス」(ネズミ)の複数形。特殊な変化なので覚えておいてください。でも、これがcomputer mouse(コンピュータのマウス)のときには、複数形はmiceだけでなく、mousesと言ってもいいようです。近くにネーティブがいたら、その人がどっちを使うか試しに聞いてみてください。正式にどちらを使うのかが決まっていないので、企業などが製品の話をするときにはmouse devicesと呼んでmouseの複数形の使用を避けるようです。

研修の終わりに週末の予定を聞くと、ハナコさんはご主人が出張で福岡に行くので、友達とのんびりするとのこと。タロウさんがすかさず、Oh, when the cat’s away, the mouse will play!(ネコがいないときに、ネズミが遊ぶ)とわざわざネズミを単数形にしてからかいます。新しく学んだものをすぐに使ってくれるのはうれしいのですが、いつも冗談になってしまうのがなんとも……。

ムッとしたハナコさんが、I don’t change at all whether he’s with me or not!(ダンナがいようがいまいが、私はまったく変わらないです!)と言うと、タロウさん、No, no, you’re the cat!(違う、違う、ハナコさんがネコだよ!)と言って大笑い。思い切り背中をたたかれていましたが、仲がいいのやら悪いのやら……。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT