横浜の名門校「聖光学院」はレゴで真理を学ぶ

なぜ「すだれ算」で最小公倍数がわかるのか

「この授業は私語を推奨しています。みんなでワイワイガヤガヤ相談しながら進める授業なので、仲のいい人とグループを作ってくれて結構です」

机は4〜5人でグループになるように向かい合わせにセッティングされている。

「小冊子に5日分の課題があります。<問題>という課題についてはあとで解答を渡します。しかし<研究課題>という課題については、解答は渡しません。解説もしません。わかるまで自分で考えてください。ただし1人で考えていてもらちが明かない課題が多いですから、積極的に友達と相談してください。

数学の知識を増やすのではなくて、みんなで考えましょうという授業です。授業が終わってからも考えて、あとから質問に来てくれるのはOKです。考えてもわからなくて、行き詰まってしまったら、ブロックで好きなものを作ってくれてもいいです。意外とそんなことをしているときにひらめいたりしますから」

レゴ®ブロックを使って数学の問題を考えることで、「紙では不自由な3次元での思考が容易になる」「(区別する目的で)色を積極的に利用できる」「かけ算(面積・体積)との相性が極めてよい」「数学の重要な考え方を、視覚と触覚を通じて記憶に残しやすくなる」などのメリットがあるという。

ブロックとしてつなげて使うだけでなく、単に配置したり、立てかけたりと、解く問題の種類によって使い方も変わる。

グループワークをしながら授業が進む(筆者撮影)

素因数分解をブロックで表現

初日のテーマは「素因数分解と指数法則」。簡単にいえば、約数や倍数にまつわる問題だ。最初に本日のブロックの使い方を説明する。たとえば360は、「2の3乗×3の2乗×5」と素因数分解できる。そこでブロックを素数に見立てて、[2 2 2 3 3 5]のように並べる。黄色のブロックを2、赤のブロックを3、青のブロックを5だとすれば、360は[黄 黄 黄 赤 赤 青]と表現できる。

次ページ実際に手を動かしながら確認
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT