偏差値38だった女子校が人気校になれた理由

東京の鷗友学園は「土いじり」で人を育てる

野菜の栽培でさまざまなことを学びます
名門進学校で実施されている、一見すると大学受験勉強にはまったく関係なさそうな授業を実況中継する本連載。第6回は東京の女子校「鷗友」の「深イイ授業」を追う。

「園芸」は創立直後からの伝統科目

この連載の一覧はこちら

鷗友学園女子中学高等学校は東京都世田谷区の閑静な住宅街の中にある。1980年代には中学受験の偏差値が38前後にまで下がったこともあった。1986年から学校改革に取り組み、いまや偏差値60超の人気進学校になった。

校名は東京府立第一高等女学校(現在の都立白鷗高等学校・付属中学校)の同窓会「鷗友会」のメンバーたちが創立したことに由来する。

「鷗友会」は府立第一高等女学校の校長だった市川源三を鷗友の校長に迎えた。市川は、生活体験を中心としてさまざまな技能や科目を総合的に学ぼうとする「コアカリキュラム理論」を当時の日本の実情に合わせて発展させ、「合科(ごうか)」という考え方を実践する教育者だった。現在でいえばまさに「総合的な学習の時間」ということになる。

家事労働や生産労働に縛りつけられていた女性たちの、まさに労働という経験を出発点として、それを学問に結び付けようとしたのだ。たとえば、手紙を書くという行為から国語の知識や書道の技能につなげた。理科の知識を料理や野菜作りに生かすというようなことをした。その伝統が今でも受け継がれている。

中1と高1で「園芸」の授業が必修だ。校地内にある実習園で、農作物や草花を育てる。創立直後からの名物科目であり、「限られた授業時間数の中でやりくりするのは大変なのですが、園芸は鷗友のシンボル。削るわけにはいきません」と吉野明校長。

実習園の広さは100坪はあるだろうか。実習園のすぐ脇には、「園芸」専用の講義室があり、そこでも授業を行う。中1の収穫に立ち会わせてもらった。

中1では、前期にラディッシュとツルナシインゲン、後期にホウレンソウもしくはチンゲンサイもしくはベンリナ、そしてブロッコリーを育てることになっている。葉菜類、果菜類、根菜類、花野菜のすべてを育てるカリキュラムだ。

次ページ野菜の栽培を通して、社会も理科も家庭科も学ぶ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT