「永遠に出世しない人」の話し方、7大NGは? 「声で損する、ウザい態度」あなたは大丈夫?

印刷
A
A

まず、よくありがちなNGが、会議や打ち合わせのときに、ノートパソコンばかり見ているケースです。

「誰を見て」「どんな態度で」聞いていますか?

【1】ノートパソコンばかり見て、顔を上げない

最近は会議や打ち合わせの席にノートパソコンを持ち込んで、メモを打ちこむ人が多くなっています。その場でデータ化してしまえば便利なのでしょうが、問題は「聞く態度」です。

キーボードを打つことに一生懸命になってしまって顔を全然上げない人はいないでしょうか? それだと「話に参加していない」という印象が強くなってしまいます。

また、キーボードをカチャカチャ打つ音が、思った以上に周りで気になっている場合もあります。

ノートパソコンに入力しながら話をする場合は、「意識的に顔を上げる」「メモは最低限にする」など、周りへの気遣いが必要です。

ノートパソコンを使わず、手書きでノートにとる方法にすれば、「こういうことですか?」と板書代わりに使ってみんなとシェアできるというメリットもあります。

記録係としてパソコン入力をする必要がある場合は仕方ありませんが、「上手な使い方」をすることで、まわりへの印象もよくなると思います。

【2】相手を指さす、「身ぶり手ぶり」がオーバーすぎる

「あそこで、ああいうことがあると……」「そこでこうなって、こうなんです!」

相手を指さしながら話す人、身ぶり手ぶりがやたらオーバーな人もいますよね。

「あなたはね」と、直接人を指さす人はさすがに少ないですが、話に熱が入って興奮すると、「指さしジェスチャー」が出てしまう人もいるものです。

また「身ぶり手ぶり」も大きすぎると、隣の人がちょっとのけぞったり、席を微妙にずらしたりと、周りに迷惑をかけてしまうことになりかねません

会議や打ち合わせのときは着席で行うことがほとんどですから、上半身しか見えないので、「手のジェスチャー」は普段以上に目立ちます。あまり大げさにするのは、少なくとも日本では好ましくないと思います。

ジャスチャーが大きくなるのは「自分の話に説得力を持たせたい」という気持ちの表れともいえるでしょう。

そんなときは、大事な部分はゆっくり話すなど、内容に応じて「声のスピードと高さ」を使い分けて話してみてください。

次ページ「声で損している人」も多い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT