嫌われる人の「ウザい雑談」、よくある7大NG

「その話題?」「退屈すぎる」あなたは大丈夫?

「雑談」で嫌われてしまう聞き方・話し方をしていませんか?(写真 :マハロ / PIXTA)
みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。
このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。この連載では、どうすれば人に好かれ、会話が盛り上がる「聞く力」が身に付くのかをお伝えしていきます!
本記事では「雑談の場で嫌われてしまう聞き方・話し方」7つをご紹介します。

実は「雑談が苦手」な人が多い

『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は、早くも5万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

最近は、雑談に関する本がいくつもベストセラーになっています。しかし雑談についての本が売れるということは、それだけ「雑談が苦手」という人が多いことを証明しているとも言えそうです。

雑談が難しいのは、仕事で会った初対面の人とか、あまり親しくない間柄の人など、「ちょっと距離のある相手」と話さなくてはならない場合です。

「会話が続かない」「話題が見つからない」など、いろいろ苦手な要素もあるかと思いますが、「雑談下手」で相手に嫌われてしまったら、せっかくのチャンスも台無しです。

では、どんな雑談が相手に嫌われるのか? ここでは、嫌われる人がやりがちな「雑談7つのNG」を紹介しましょう。

次ページ「雑談うんぬん以前のNG」も多い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。