「ウザい上司の話」うまく乗り切る5つのコツ

「話が長い」「すぐ怒る」…職場にいませんか?

「ウザい上司の話」を上手に乗り切るコツとは?(写真 : sasaki106 / PIXTA)
みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。
このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手にとっていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。この連載では、どうすれば人に好かれ、会話が盛り上がる「聞く力」が身に付くのかをお伝えしていきます!
本記事では、「ウザい上司の話」を上手に乗り切る5つのコツを紹介します。

「残念な上司」の原因は「残念な話し方」

『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は、早くも5万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

話が長い、自慢話が多い、説教がましい、すぐ怒る……。よくある「残念な上司」ですが、考えてみれば「残念」な部分の多くが「話し方」なんですね。

「あの部長、いつも最後は必ず説教になるから面倒くさいんだ……」「あの課長、いつも話が長くて、ウンザリする……」などなど。

では、こうした「ウザい上司の話」は、どう聞けばいいのでしょうか。

いかにもつまらなそうな顔で聞く? それとも「それは違うと思います!」と、ズバリ反論する?

どちらも現実的には難しいし、あまり「上手な聞き方」とはいえないですよね。

では、どのように聞けばいいのか? どうすれば上手に乗り切ることができるのか? ここでは「5つのコツ」を解説します。

次ページ「話が長い上司」はどうする?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT